1月 292011
 

from tate

アメリカ人の写真家Philip-Lorca DiCorcia(フィリップ・ロルカ・ディコルシア)が、自身の作品「Heads」シリーズ のプライバシー問題に関して語っています。NYタイムズスクエア近辺の路上で頭上の位置にシャッターとシンクロさせたフラッシュをセットし、6-7m先から望遠で撮影したこのシリーズ、撮影許可は取っていませんでした。そしてギャラリーや美術館で展示したところ、被写体の1人から訴えられます。裁判には勝ったようです。ちなみにこのシリーズでは3000人ほど撮影して最終的には17人に絞ったとのこと。

【Philip Lorca DiCorciaの本】
- Philip Lorca DiCorcia / Heads
- Philip-Lorca Dicorcia (Contemporaries, a Photography Series) 2003年に発売されたディコルシアの代表作。撮影期間は1978年から1994年とかなり長い。エッセイはPeter Galassi。
- Philip-lorca Dicorcia / Eleven 『W magazine』のために撮影されたファッション写真をまとめた作品集。

American artist Philip-Lorca DiCorcia confesses how he hunted the subjects of his series Heads. ‘I never Talk to them… I don’t ask their permission. I don’t pay them… And eventually…I got into trouble’ – Philip-Lorca DiCorcia

この記事もおすすめ

 

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>