3月 312011
 

Ryan McGinley(ライアン・マッギンリー) の新作「Somewhere Place」がオフィシャルサイトにアップされています。2011年4月9日から2011年5月14日まで、オランダのGalerie Gabriel Roltというギャラリーでこのシリーズの展覧会があるようです。オランダでは2007年のFOAMでの展覧会以来2度目ということです。

SomewhereとかNowhereとかWhere系が好きなんですね。

【Ryan McGinleyの本】
- Ryan McGinley / Life Adjustment center サイズは結構コンパクトです。
- Ryan McGinley / Everybody Knows This Is Nowhere 初のモノクロ作品。
- Ryan McGinley / Moonmilk Ryan McGinleyが洞窟で撮影した作品集、イギリスのMorel Booksから。

【関連記事】
- Sigur Ros “Gobbledigook” Inspired by Ryan McGinley (2008)
- Ryan McGinley “Everybody Knows This Is Nowhere” Installation and Gallery Opening (2010)

- Ryan McGinley “Life Adjustment Center” (2010)
- Ryan McGinley “Everybody Knows This Is Nowhere” (2010)

3月 312011
 

Ryan McGinley (ライアン・マッギンリー)の展覧会の展示風景が見られるページへのリンクをリストしました。

Team GalleryはNY、Ratio3はサンフランシスコのギャラリーです。

「Life Adjustment Center」(2010) @Ratio3
「Everybody Knows This Is Nowhere」(2010) @Team Gallery
「Spring and by Summer Fall」(2008) @Ratio3
「I Know Where Summer Goes」(2008) @ Team Gallery
「Irregular Regulars」(2007) @Team Gallery
「Frieze」(2006) @Team Gallery

【関連記事】
- Sigur Ros “Gobbledigook” Inspired by Ryan McGinley (2008)
- Ryan McGinley “Everybody Knows This Is Nowhere” Installation and Gallery Opening (2010)

- Ryan McGinley “Life Adjustment Center” (2010)
- Ryan McGinley “Everybody Knows This Is Nowhere” (2010)

3月 302011
 
写真家の安井仲治が、1920年代から30年代にかけてつくった有名な格言を紹介します。言い回しに時代を感じさせますが、とても良くできています。

「ニッコリ微笑む自信はよろし」「そっと控えめ、内容ある作品よろし」、いいですね。

い  いっそスラムプは大なるがよろし
ろ  ろくでもないもの感心せぬがよろし
は  ハツと感じたら写すがよろし
に  ニツコリ微笑む自信はよろし
ほ  ほんとに自分を生かすがよろし
へ  下手な上手、上手な下手、どちらがよろし
と  撮れぬものは撮らぬがよろし
ち  チクリと痛い批評はよろし
り  理窟倒れも時にはよろし
ぬ  塗った薬は銀乳剤、時節柄無駄せぬがよろし
る  類を以つて集ると雖も類作はせぬがよろし
お  煽てられたら少しは乗つてみるがよろし
わ  判るまで勉強するがよろし
か  カメラ自慢はせぬがよろし
よ  夜も写るフイルムはよろし
た  誰も出来る事せぬがよろし
れ  例会は真剣にやるがよろし
そ  ソツと控ゑ目、内容ある作品よろし
つ  常にカメラと離れぬがよろし
ね  熱心、粘り、は最もよろし
な  夏の暗室出た時よろし
ら  ラクに出来てもいゝものはよろし
む  無理にやつてもいゝものはよろし
う  写るのはあたりまへと心得るがよろし
ゐ  井の中の蛙、自惚れぬがよろし
の  のぼせた写真家冷すがよろし
を  女の写真家もつと増えてよろし
く  首にかけたカメラ伊達じやないと知るがよろし
や  やめたい人はやめるがよろし
ま  まるで下手でも根気ある人よろし
け  けっして油断せぬがよろし
ふ  フイルムの供給円滑なるがよろし
こ  斯(こ)の道ばかりと思い込むのはよろし
え  英気養う日曜よろし
て  敵も適度にあるがよろし
あ  アマチユアーとて甘やかさぬがよろし
さ  醒めたる人々振ひ立つがよろし
き  嫌ひな作品学んでよろし
ゆ  夢をもつ作家大いによろし
め  眼の肥えた人多い程よろし
み  水あらひは叮嚀にするがよろし
し  失敗位は恐れぬがよろし
ゑ  縁あるモデル手荒にせぬがよろし
ひ  ヒカリの画集は売行よろし
も  もう少しで推薦、残念なのもよろし
せ  セメテたまにはホメられてよろし
す  すぐに天狗にならぬがよろし
京  きようの写真よりも明日の写真よろし

【関連する本】
- 飯沢耕太郎 / 写真を愉しむ (岩波新書) この格言はこちらの本で知りました。
 

3月 302011
 

現在、京都で安井仲治展、大阪で中平卓馬さんの「キリカエ」展が開催されています。GWに行けたらと思っていましたが安井仲治展は5/1から5/5まで閉廊。残念。

中平卓馬さんの展示では、1971年、パリの青年ビエンナーレで行われた「サーキュレーション」と同じように、会期中に撮影した写真をリアルタイムで更新していくスペースがあるようです。

安井 仲治展
会場:タカ・イシイギャラリー京都
会期:2011/3/25(金) – 5/7(土)
※GW休廊:5/1 – 5/5
http://www.takaishiigallery.com/jp/exhibitions/2011/nakaji/

1920年代から1940年代初頭まで、関西を中心に活動をした戦前期の日本写真史を代表する写真家の展覧会。2010年秋にタカ・イシイギャラリーより発行された「安井仲治ポートフォリオ」の収録作品全30点を展示。

中平卓馬「キリカエ」
会場:Six
会期:2011/3/19(土)〜5/29(日) 月休(月曜が祝日の時には営業)
開廊時間:12:00〜19:00
住所:大阪府中央区南船場3-12-22心斎橋フジビル2F
http://osirisnews.blogspot.com/2011/03/blog-post.html

コム デ ギャルソンが運営するアートスペースSixで、作家初となる関西での個展。150点以上のカラー作品で構成され、「ドキュメンタリー」展以降の最新作も多数展示される予定。

【中平卓馬さんの本】
- 中平卓馬 / 来たるべき言葉のために 1970年に出版された伝説の写真集が服部一成さんの装本により復刊。
- 中平卓馬 / Documentary 2011年1月にBLD Galleryで行われた同名の展覧会にあわせて刊行された写真集。
- なぜ、植物図鑑か―中平卓馬映像論集 (ちくま学芸文庫) 1960年代後半から70年代にかけての写真・映像論集。

3月 302011
 

from outnodarkness

NHKの番組、日曜美術館から2009年の第53回ベネチア・ビエンナーレに関する映像です。

ベネチア・ビエンナーレはイタリアのベネチアで2年に1度開催される現代美術の国際美術展覧会で、その年の6月ごろから11月ごろまで約半年間行われます。参加国ごとに、キュレーターが選んだアーティストの作品を展示するのが特徴です。この映像ではアルゼンチンのトマス・サラセーノ (Tomas Saraceno)、ナタリー・ユールベリ (Nathalie Djurberg) 、クシュシトフ・ウディチコ(Krzysztof Wodiczko) 、ブルース・ナウマン (Bruce Nauman) らとあわせて、この年の日本代表、やなぎみわさんの写真作品「Windswept Women」が紹介されています。やなぎみわさんの他の作品はオフィシャルサイトで見ることができます。

今年の6月から行われる第54回目のビエンナーレでは束芋さんが出展しますね。一度は行ってみたいです。

【やなぎみわさんの本】
- やなぎみわ / マイ・グランドマザーズ 東京都写真美術館で行われた展覧会の公式図録。初期の作品「エレベーター・ガール」も収録されています。
【束芋さんの本】
- 束芋 / 断面の世代 Tabaimo 2009年横浜美術館で行われた展覧会「束芋:断面の世代」の図録。