3月 302011
 
写真家の安井仲治が、1920年代から30年代にかけてつくった有名な格言を紹介します。言い回しに時代を感じさせますが、とても良くできています。

「ニッコリ微笑む自信はよろし」「そっと控えめ、内容ある作品よろし」、いいですね。

い  いっそスラムプは大なるがよろし
ろ  ろくでもないもの感心せぬがよろし
は  ハツと感じたら写すがよろし
に  ニツコリ微笑む自信はよろし
ほ  ほんとに自分を生かすがよろし
へ  下手な上手、上手な下手、どちらがよろし
と  撮れぬものは撮らぬがよろし
ち  チクリと痛い批評はよろし
り  理窟倒れも時にはよろし
ぬ  塗った薬は銀乳剤、時節柄無駄せぬがよろし
る  類を以つて集ると雖も類作はせぬがよろし
お  煽てられたら少しは乗つてみるがよろし
わ  判るまで勉強するがよろし
か  カメラ自慢はせぬがよろし
よ  夜も写るフイルムはよろし
た  誰も出来る事せぬがよろし
れ  例会は真剣にやるがよろし
そ  ソツと控ゑ目、内容ある作品よろし
つ  常にカメラと離れぬがよろし
ね  熱心、粘り、は最もよろし
な  夏の暗室出た時よろし
ら  ラクに出来てもいゝものはよろし
む  無理にやつてもいゝものはよろし
う  写るのはあたりまへと心得るがよろし
ゐ  井の中の蛙、自惚れぬがよろし
の  のぼせた写真家冷すがよろし
を  女の写真家もつと増えてよろし
く  首にかけたカメラ伊達じやないと知るがよろし
や  やめたい人はやめるがよろし
ま  まるで下手でも根気ある人よろし
け  けっして油断せぬがよろし
ふ  フイルムの供給円滑なるがよろし
こ  斯(こ)の道ばかりと思い込むのはよろし
え  英気養う日曜よろし
て  敵も適度にあるがよろし
あ  アマチユアーとて甘やかさぬがよろし
さ  醒めたる人々振ひ立つがよろし
き  嫌ひな作品学んでよろし
ゆ  夢をもつ作家大いによろし
め  眼の肥えた人多い程よろし
み  水あらひは叮嚀にするがよろし
し  失敗位は恐れぬがよろし
ゑ  縁あるモデル手荒にせぬがよろし
ひ  ヒカリの画集は売行よろし
も  もう少しで推薦、残念なのもよろし
せ  セメテたまにはホメられてよろし
す  すぐに天狗にならぬがよろし
京  きようの写真よりも明日の写真よろし

【関連する本】
- 飯沢耕太郎 / 写真を愉しむ (岩波新書) この格言はこちらの本で知りました。
 

この記事もおすすめ

 

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>