6月 252011
 

アメリカ人ブロガーJoerg Colbergのブログ、Conscientiousより。
*画像をクリックすると記事が見られます。

 

「世の中に写真集があふれていて、出版社からだけではなく個人からも写真集が日々うみだされているなかで、もちろん全部を見きれる人はいない。じゃあ、少なくとも、より多くの人がより多くの写真集にふれられるようにするにはどうすればいい?」という、他のブロガーの記事を読んだJoerg Colberg氏が、「見きれないほどの写真集の山から自分一人でいい作品をさがし出すより、おなじく写真集が好きな友人知人から、これも好きかもよ?と勧められた写真集のほうがいいものに出会える可能性が高いしはるかに楽しい」ということを言っています。

本でもCDでも、ジュンク堂書店やタワーレコードからあてもなく自分の好きそうな作品を探そうとするのは途方にくれますが、友達から「これいいよ」と教えられるのは、わくわくするし楽しいですよね。

Joerg Colberg氏は「そういったコミュニティや場所を、リアルライフやネット上に持つこと、あることが大事だし、国境関係なく広がればいい」と。

写真集を個人でたくさん所有するには、費用も場所もかさみますから、写真を撮るサークルだけでなく、写真集コミュニティが広がればいいですね。

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 8:38 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>