7月 312011
 


マグナムにも所属する写真家Alec Soth(アレック・ソス)のロード・トリップをドキュメントした映画『Somewhere To Disappear』のトレイラー(予告編)。日本語字幕で見たいですね。監督はLaure Flammarion と Arnaud Uyttenhove 。オフィシャルサイトはこちら。公式のツイッターアカウントもあります。

 Posted by at 4:45 PM
7月 282011
 

Alec Soth(アレック・ソス)のサイトで、2010年9月から2011年1月にかけてWalker Art Centerで行われた展覧会「Here to There」の展示風景がたくさん見られます。

本作りは好きだけど、展示はまったく苦手だとインタビューで語っていましたが、この広い空間で、いろいろなやり方で展示しています。

 Posted by at 10:54 PM
7月 242011
 

アラスカといって何を思いうかべますか?

こちらは星野道夫さんの撮影した写真です。

アラスカのアイコン、熊。

雄大な自然と野生動物。

すごいですね。

 

同じく、アラスカの写真。

アメリカ人写真家Peter Southerland(ピーター・サザーランド)によるアラスカ。

 

アラスカの日常。

泥まみれのタイヤ、男、シベリアンハスキー。

 

地元のバーでしょうか?

ワイルド。

 Posted by at 8:39 AM
7月 202011
 

iTunesで購入できる写真集アプリを紹介します。

I would like to introduce a photo book app today.

#2はbetween the booksからリリースされたホンマタカシさんの『東京郊外 TOKYO SUBURBIA』。

Takashi Homma “TOKYO SUBURBIA” from between the books

iTunesのページ。

Capture image from iTunes store.

表紙。

Cover.

もちろんオリジナルの厚紙の質感はないですが、内容すべて見られるのがいいし、ページをめくるときにすこしカクカクするところがにくいです。

The scanned image from original book are used instead of digital data, so you can feel a little bit of paper-feeling. Original book has very thick cardboard and the app is trying to simulates the feeling when you turn the page.

いつもこの写真を選んでしまう。

ピンをクリックすると、どの写真がどこで撮られたかわかります。ゲームセンターの子供は港区でした。

If you tap a pin, the picture that was took there will pop up.

7月 202011
 

iTunesで購入できる写真集アプリを紹介します。

#1はマグナムに所属する写真家、Christpher Anderson(クリストファー・アンダーソン)による『Capitolio』。これはもともと2010年に写真集として出版された作品です。

 

クリストファー・アンダーソンはアメリカのドキュメンタリー写真家。ベネズエラで撮られたモノクロの写真。主観的に構図やイメージを切り取るタイプ。

このトップページはスライドショーになってます。

こういう写真や、

こういう写真。

写真家のインタビュー動画も収録されています。