9月 202011
 

フランス人ブロガーLaurence Vectenが写真集コレクションをを紹介するブログ、One year of booksより。
*画像をクリックすると記事が見られます。

ドイツ人アーティストJoachim Schmid(ヨアヒム・シュミット)の『But is it art ?』という写真集が紹介されています。

この作品は、過去の写真家のいろいろな作品を引用してつくられています。
具体的には、

1. Ansel Adams(アンセル・アダムス)が作品を撮ったと思われる場所を探して、同じ場所から写真を撮り、オリジナルの写真と並べて配置する。
2. Diane Arbus(ダイアン・アーバス)と同じように双子の写真を撮る。
3. Andreas Gursky(アンドレアス・グルスキー)と似たような写真を撮る。→上の写真
4. Walker Evans(ウォーカー・エヴァンス)の写真を複写して自分の作品として発表した現代アーティストSherrie Levine(シェリー・レヴィーン)の作品をさらに複写する。

などなど。これらの写真の下にはすべて説明が明記されています。これらのキャプションによってすぐにタネ証しされているのと、雑多なアイデアがひとつに詰め込まれているところが、作品としては軽い印象を与えますが、こういった作品は今後どんどん増えていくんでしょうね。

 Posted by at 11:04 AM
9月 182011
 

写真を部屋にかざってみようと思います。

額装された作品をギャラリーから購入する、でもいいのですが少し敷居が高いので、まずは写真を用意して自分で額装をオーダーしてみます。

写真はこちら。ホンマタカシさんの展覧会場で売っていた1000円プリント、3枚で3000円。

今回、額装をおねがいしたのは三軒茶屋にあるイマジン・アートプランニング
三軒茶屋の事務所へ伺い、打合せ。

ほとんど何も決めていかなかったので、枠の色、余白、など詳細をあれこれ詰めます。サイズも定型ではないので好きに決められます。

待つこと1週間。額装ができあがりました。

枠があるとぴしっとしていいですね。

 

 Posted by at 7:51 AM
9月 152011
 

東京在住のアメリカ人写真ライターDan Abbeさんのブログ、Street Level Japanより。
*画像をクリックすると記事が見られます。

 

震災の被災者へ使い捨てカメラを渡し、被災者自身が撮った写真をネット上で公開したROLLS Tohokuプロジェクトが、2011年7月9日から2011年10月9日まで、スエーデンのストックホルムの美術館、fotografiskaで展示されています。

この展覧会は、このプロジェクトをfacebookのポストから知ったDanさんが、フランス人ブロガーのMarc Feustelさんへメールし、Marcさんがさらにスエーデン人(の知人?)へメールして、開催へとつながったそうです。ネットの伝播力を感じますね。

記事の中でDanさんも述べていますが、このコンタクトシート形式の展示がよいと思いました。20-30枚という限定された数の連続写真が、ひとつのフィルムに詰めこまれた撮影者によるドキュメンタリーになっています。編集しないほうがよりリアルです。

ROLLS Tohokuはbetween the booksでも取り上げましたのでまだ読まれていない方は是非どうぞ。

ROLLS Tohokuのサイトはこちらです。

 

 Posted by at 10:28 AM
9月 132011
 

iTunesで購入できる写真集アプリを紹介します。

I would like to introduce a photo book app today.

3回目は、広川泰士さんの写真集『STILL CRAZY nuclear power plants as seen in japanese landscapes』。

Taishi Hirokawa “STILL CRAZY nuclear power plants as seen in japanese landscapes”

写真集の内容は、以前between the booksで紹介しましたので、そちらをご覧ください(→記事へのリンク)。

アプリはシンプルなスライドショー形式。

Simple slide show type.

インデックス表示が可能。写真集にも記載されている地図も見られます。

Index view. There is a map of nuclear power plants in Japan.

価格は600円です。iTunes上での紹介ページはこちら

600yen (I don’t know the price in other countries). Link to iTunes.

Born and raised by the seashore, the photographer observed the coastline that transformed along with Japan’s rapid post-war economic growth. He captures, quite serenely, the nuclear power plants that appeared on the coasts of Japan and the transfiguration of countryside that came with it.
Are we to live forever with this edifice of convenience, or have we taken into hands something ungovernable?

One thing for certain is that human beings and nuclear energy have become inseparable, and that we enjoy its benefit at all times.

As if a specimen, the power plants are labeled by the date they were photographed. These plants are to be dismantled in over 40 years.

This, nonetheless, is a typical scenery of modern Japan.
from Asahi Media International Inc.

 Posted by at 9:22 AM
9月 102011
 

↑画像クリックで販売サイトへ。

アメリカの老舗写真雑誌『aperture』が電子版で購入できます。洋雑誌なため、書店での値段は高くなりがちですが、デジタルですと、なんと4冊で2460円(2011年9月現在)。1冊あたり615円です。私はiPadで読んでいますが、PCやAndroid端末にも対応しています。

 Posted by at 5:01 PM