10月 312011
 

アルバムカバーになった写真作品を集めている記事をみつけましたので紹介します。

ソースはアメリカはオレゴン在住の写真家/ブロガー、Blake Andrews氏のブログ B 。こんな作品まで?という意外さも面白いです。これは一部ですので、すべて見たい方は元記事でどうぞ。


Weeki Wachee Spring, FL, 1947, Toni Frissell

1907年生まれのアメリカ人女性写真家、Toni Frissell(トニ・フリッセル)は、Cecil Beaton(セシル・ビートン)やEdward Steichen(エドワード・スタイケン)などとも交流があり、戦前はVogue(ヴォーグ)やHarper’s Bazaar(ハーパース・バザー)などのファッション写真を撮影していましたが、第二次大戦中はジャーナリストとして活躍。ちなみに、この写真が撮られたWeeki Wachee Spring(ウィーキー・ワッチー・スプリング)はフロリダにある水のテーマパークで、ウェブサイトを見るかぎり、この写真のもつ幻想的、神秘的な雰囲気はなさそうです。


Undercurrent, Bill Evans and Jim Hall

Bill Evans(ビル・エヴァンス)とギタリストJim Hall(ジム・ホール)によるアルバム『Undercurrent』に使われました。団塊の世代が静かにウィスキーのグラスを傾けたいときに聴く一枚。


Kazuo Ohno, 1977, Naoya Ikegami

2010年に103歳で亡くなった舞踏家、大野一雄を写真家の池上直哉さんが撮影した一枚。大野一雄は1960年、細江英公さんによる写真集『鎌鼬(かまいたち)』のモデルにもなった舞踏家の土方巽(ひじかた たつみ)とも競演しています。


The Crying Light, Antony and the Johnsons

リード・ヴォーカルAntony Hegarty(アントニー・ヘガーティ)率いるバンドAntony and the Johnsons(アントニー&ザ・ジョンソンズ)のセカンドアルバム『The Crying Light』のカバーになりました。


Appiani family tomb, Cimitero Monumentale di Staglieno, Genoa, Italy, 1978, Bernard Pierre Wolff

彫像を被写体とした多くの作品を残し、1985年にAIDSにより亡くなったフランス生まれの写真家、Bernard Pierre Wolff(ベルナール・ピエール・ウルフ)の写真。こちらのサイトで写真家の作品をたくさん見ることができます。

Closer, Joy Division

ボーカルのIan Curtis(イアン・カーティス)の死後に発売された、Joy Division(ジョイ・ディヴィジョン)のセカンドアルバム『Closer』ですね。

Bricklayer, 1928, August Sander

ドイツの偉大な写真家、August Sander(アウグスト・ザンダー)の有名なポートレート。

The Burdens of Being Upright, Tracy Bonham

アメリカのオルタナティブ・ロック・アーティストTracy Bonham(トレイシー・ボーハム)が被写体になりました。

Bread Line during the Louisville flood, Kentucky, 1937
Margaret Bourke-White

アメリカ人写真家のMargaret Bourke-White(マーガレット・バーク=ホワイト)は、初めて外国人カメラマンとしてソヴィエトの写真を撮影したり、女性で初めて前線で撮影することを許されたり、Lifeマガジンで初の女性写真家だったり、何かと一番乗りな写真家。この写真は1937年のオハイオ川の洪水被害の被災地でパンの配給を待つ人々を撮影した写真。白人たちの幸せそうなイメージを使った後ろの大きな広告のスローガン「World’s Highest Standard of Living」、「There’s no way like American Way」と、列になる黒人被災者の対比が強烈です。

There’s No Place Like America Today, Curtis Mayfield

Curtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)が、アルバムカバーにこの写真を使い、タイトルを『There’s no place like America Today』としたことに、アーティストのメッセージが込められているはずです。


この記事もおすすめ

 
 Posted by at 10:26 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>