12月 312011
 

ホンマタカシさんの写真集、『その森の子供』。blind galleryから出版、limartから発行。

Takashi Homma, “mushrooms from the forest 2011″. Published from blind gallery. Issued by limart.

This book can be purchased from between the books store.

福島(FUKUSHIMA)の森ときのこの写真集。B5変型、288ページ、147図版とかなりのボリューム。

There photos were taken in the forest in Fukushima. The book includes 147 images in 288pages.

その森。

Forest.

その森の子供。

Mushrooms from the forest.

その森。

Forest.

その森の子供(以下同文)。

Mushrooms from the forest (please repeat by yourself).

英語でテキストが収録されていました。

“The earthquake and subsequent tsunami of March 11th, 2011, near Japan’s Tohoku region, led to the catastrophic equipment failures and nuclear disaster of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. Six Months later, on September 15th, the Japanese government prohibited the gathering and ingestion of any mushrooms grown in the forty-three cities of Fukushima prefecture. Traces of radiation exceeding safety limits were detected in some wild mushroom varieties. Fungi inherently absorb radiation much more rapidly than other organisms. My Geiger counter detected a greatly elevated level of radiation in the lush forests of Fukushima when compared to the region’s urban areas. The wild mushrooms in the photographs assembled here are from those forests.” text from the book.

 Posted by at 10:11 AM
12月 302011
 

吉永マサユキさんの写真集、『Sento』。東京キララ社より。

Masayuki Yoshinaga, “Sento”. Published from Tokyo Kirara-sha.

カバーは布張りで5種類ありました。迷った末にこの柄を選択。

There are 5 different designs for cloth-bound book cover. I eventually chose the one above but took few minutes to decide.

写真集には、批評家、清水穣さんによるテキスト、吉永さん自身のエッセーも収録されています。

The Book includes a text by a critic Minoru Shimizu and an essay by the photographer.

SENTO is not a natural hot spring but a public bath that you can find almost everywhere in Japan. Lately, there are more Super-SENTO (much bigger size with spa, relaxation rooms and even restaurants) than this old style bath but we Japanese always like to take a bath.

このアングルでこの距離感。

Seriously,

このアングルでこの距離感。

who could take these pictures from this close distance and angle?

巻末の、吉永マサユキさんによるエッセー(写真集は海外向けのためテキストは英語)を読むと、吉永さんにとってテーマを銭湯に選んだことは自然な流れだったことがわかります。

吉永さんは、かなりやんちゃな青春時代を過ごされたようです。エッセーはこんな風にはじまります。

「10代の頃は、友達の家や淀川の川辺、喫茶店やゲーセンにたむろして、けんかやドラッグ、女の子を追いかけ回す毎日だった。学校なんてろくに行かなかったけど、夜になると誰かがいつも「風呂入り行こうぜ」と言い、僕らは毎日のように銭湯に通っていた。あの頃(70年代末から80年代はじめ)大阪には貧乏で家に風呂がない家庭なんてたくさんあった。だから街に銭湯はいくらでもあったんだ。」(筆者訳)

そして、入浴代やゲーム代をつけで払える、ある1つの銭湯に入り浸るようになります(つけは12万までふくらんだそうです)。そこでの様々なエピソード、悪のりして騒いでた友達がころんで頭パックリ割れてしまったり、連れが夜コンドームつけっぱなしで風呂に入ってきたり、を読むと、吉永さんの青春時代に、銭湯がなくてはならないコミュニティスペースだったことがわかります。被写体との密な関係作りが必須なことは言うまでもありませんが、銭湯は吉永さんのホームグラウンドだったんですね。

I read Yoshinaga’s essay and understood that it was natural for him to choose sento for his first series of work.

His essay starts like this; “During my teenage years, I was involved in fights, drugs and chasing girls day and night, meeting my friends at their houses, coffee shops, video arcades or the Yodogawa riverbank. We didn’t go to school regularly, but when it became nighttime someone would always say how they “wanted to take a bath”, we visited the sento public bath on almost a daily basis. In the late 70s and early 80s in Osaka, delinquents like us usually had difficult home lives, and many of our families were poor, so a majority of our houses didn’t have their own baths.”

I did not know the photographer was such a punk in his youth but at the same time, it somehow connects to his ability to make good relation and be trusted by the subject in his other series of work, such as portraits of Japanese gangs .

This photobook made me want to know more about the photographer himself. And I found a very suitable book from littlemore. Can’t wait for reading it in this new year holidays.

このエッセーを読んで吉永さんの生い立ちに興味を持ったのですが、リトルモアからピッタリな本が出版されていました。

吉永マサユキさんの半生を綴った自伝『へたれ』。早速読んでみようと思います。

お風呂つながりで、こちらの写真集もどうぞ。

Here is another taking-a-bath photographs in Japan. Kazuo Kitai, “tojiba”.

北井一夫さんの写真集、『湯治場』。

 

 Posted by at 8:59 AM
12月 302011
 

詩人の谷川俊太郎さんによる、詩と写真を組み合わせた、その名も『絵本』という写真詩集。

Shuntaro Tanikawa (1931-) is, without no doubt, the most popular active poet in Japan. But probably this book “Picture Book” which consists of his own photos and poems is less known for his. It was self published in 1956

金子隆一 アイヴァン・ヴァルタニアン: 『日本写真集史 1956-1986』(赤々舎, 2009)より。

I found it in “Japanese Photobooks of the 1960s and ’70s” published from AKAAKA ART PUBLISHING in 2009.

谷川さん自身が撮影した手の写真と詩。詩は17編収録されているそうです。

Images of hands. Looks like these images do not relate to the poems.

写真はページの上から貼付けてあります。

2010年に澪標から復刻版が出版されました(この記事で紹介しました)。貴重な作品を復刻する。よいことですね。

I guess strong photobook culture in those days made a poet self-published this “Picture Book”.

Hope this will be reissued (paperback is ok) so that we can read the full pages.

【紹介した本】
谷川俊太郎『絵本』 澪標から2010年に出版された復刻普及版。
日本写真集史 1956-1986 いまとなっては絶版でなかなか見ることのできない貴重な写真集が詳しい解説とともに紹介されています。写真集好きはマストバイ。

 Posted by at 6:59 AM
12月 292011
 

Alec Soth(アレック・ソス)の展覧会カタログ、『From Here to There: Alec Soth’s America』に、オマケとしてこっそりはさまれていたZINE、『The Lonliest Man in Missouri(ミズーリ州でいちばんさみしい男)』。

I found this ZINE after I bought Alec Soth’s catalogue “From Here to There: Alec Soth’s America“.

アレック・ソスは、ミズーリ州でいちばんさみしい男を探す旅にでかけました。

“I spent a few weeks driving around Missouri looking for the loneliest man I could find.”

駐車場や

In the parking lot,

車の外から。

From outside a car.

ひとりで歩く男。

Here is a man.

ソーダを手に歩く白シャツの男。

Here is another man.

駐車場をひとりで歩く赤シャツの男。

He might have his family waiting for him but at least he looks lonely from this image.

男は孤独と戦います。

Men are lonely…

【Alec Sothの本】
From Here to There: Alec Soth’s America この展覧会カタログに入っていました。カタログ自体も、これまでの作品を回顧する充実の内容です。

 Posted by at 9:22 PM
12月 282011
 

銀座生まれ。

父は化粧品メーカー資生堂の創業者。

コロンビア大学で薬学を学んだあと、ヨーロッパで本場の芸術を体験。

一流の文化人と交流し、芸術家の支援や、アートディレクションでも才能を発揮。

こんなハイソでセレブな写真家が日本にいました。

1883年生まれで1910年代から30年代を中心に活動した、福原信三です。

Shinzo Fukuhara (1883-1948), born in Ginza, Tokyo. Having the founder of famous cosmetic brand Shiseido as his father, Shinzo studied pharmacy in Colombia University. He also went to Europe and experienced the art in the era. He was a celebrity.

2代目資生堂の社長でもありましたから、今でいう「写真家」とは少しイメージが違いますが、一生懸命、写真を芸術にしようと頑張りました。

福原信三は、新しい写真美学をめざすグループをつくったり*1、雑誌を発行したり*2、俳句と写真を結びつける「写真俳句論」を唱えたりしました。

資生堂のシンボルマーク「花椿」をデザインしたのも、福原信三です。

そんな福原信三の、1922年につくられた代表作*3、「巴里とセイヌ」が見られる動画がありました。

Shinzo found a photo group called “Shasin-Geijutsu sha (it means, Photo-Art)” in 1921, when he could have time after serving CEO in Shiseido for 10years. He also published photo magazine and wrote many photographic essays (he even tried to connect photography and haiku).

This photo book was published in 1922 but photographs were taken when he was in Paris around early 1910s.

この写真集は、2000枚の中から24枚を選んだそうです。

1920年代ごろの日本では、絵画のような写真が流行していました。そこから脱却しようと、写真独自の表現を模索した福原信三ですが、この作品は1913年ごろ撮られたもので、ソフト・フォーカスの絵のような写真ですね。

He selected 24 images out of almost two thousands photos. He tried to elevate photography to its own form later his year but these images are still under pictorialism influence.

*1 1921年に写真芸術社を旗揚げした。
*2 『写真芸術』を発行した。
*3 写真は1913年前後に撮られたが、同年の帰国後、資生堂の社長職に就いたこともあり、発表までにはおよそ10年の時間がかかった。

 

 Posted by at 6:33 PM