12月 242011
 

マグナムに所属するイギリスの写真家、Martin Parr(マーティン・パー)が、木村伊兵衛の写真集『木村伊兵衛のパリ』について語っています。

マーティン・パーは1989年にこの写真集に出会い、ページをめくると、すぐさま中の写真の質の高さと、デザインの新鮮さに驚いたようです。

写真はこのブログでも紹介しました。→「Ihei Kimura “Paris” (1954-55)

 Posted by at 9:48 PM
12月 222011
 

細倉真弓さんの写真集、『Florlite』。Planetary Photobooksシリーズより。

Mayumi Hosokura, “Florlite”. From Planetary Photobooks series.

1人の青年を撮影したシリーズ。

She shot portraits of a boy.

タイトルの『Flortile』、Floral(花のような)をもじった造語でしょうか。

I don’ know the meaning of the title word “Flortile”, something related to “Floral”?

部屋の中や、

In the room,

森の中。

In the forest.

 Posted by at 8:18 AM
12月 212011
 

・自分が撮ったことが信じられなくなるくらい遠いものになれば、それは強い写真。

・個人的に写した写真が普遍性を帯びる作品へとなり得るカットを選択する。

・個人的な思いから解き放たれたものじゃないと発表する意味がない。

川内倫子

Goliga Booksによるインタビュー動画より。

 Posted by at 10:38 PM
12月 182011
 

緒方範人さんの写真集、『Highway Works』。Planetary Photobooksシリーズより。

Norihito Ogata, “Highway Works”. From Planetary Photobooks series.

説明には、「Googleストリートビューや画像検索を用いてインターネット上で閲覧可能な画像から架空の都市空間を構築し、その膨大なデータから1枚の銀塩写真プリ ントを生み出すという現代の「建築写真」を制作する緒方範人。Highway Worksは高速道路を走行中に連続記録された画像を元に、デジタルマニピュレーションにより再構築された写真作品群である。」とあります。

“Norihito Ogata creates “contemporary architectural photography works” with gelatin silver prints, out of enormous digital data of city landscapes, which he virtually constructs in a computer using internet resources. “Highway Works” is a series of digitally manipulated photography, using images continuously recorded during a motorcycle ride on the highway by the artist” from the book back

スパイラルガーデンの展示で初めて見たとき、アニメや漫画で描かれるクールなメガロポリスを連想しました。具体的にどのように制作しているのか気になります。

When I first saw this series at a exhibition in Spiral Garden, it reminds me cool megalopolis described in manga and animation. I wonder how he actually make these image.

モノクロなのも漫画を連想させる理由のひとつ。

To me, one of the reasons that these remind me manga is images in black and white.

 Posted by at 11:19 PM
12月 172011
 

佐内正史さんの写真集、『パイロン』。対照/マッチアンドカンパニーの共同出版。

Masafumi Sanai, “Pylon”. Co-published from Taisho / MATCH and Company.

「パイロン」という単語に特に意味はないものと思っていましたが、英語の「Pylon(目標塔、鉄塔などの意味)」のことでした。

I thought this title in Japanese had no meaning but it was actually “plyon” in English.

レーベル「対照」から自身の作品としては10冊目。2008年に1冊目『浮浪』がリリースされたので4年弱で10冊。

After publishing tons of photobooks from various publishers since his debut in late 1990s, he felt enough with it. In 2008, he launched his own publishing label “Taisyo” that he can manage and control everything, choosing right paper/print and of course selection of images.

This is the 10th book of his own from Taisyo.

「対照」からは、大きな版型の写真集が多かったんですが、今回はソフトカバーで、サイズも縦290mm 横257mmとおさえめ。

Books from the label tend to be big and heavy but this one has soft cover and the size is 290mm x 257mm.

たっぷりとった余白が、イメージをしっかり閉じ込めてます。

There is much space around each photograph that makes images closed.

 

700部限定。

Limited 700 copies.

Label Taisho does not have international shipping(at least no explanation in English) so far but you can purchase some of his books in bookshop M (online shop for MATCH and Company which co-publish some works with Taisyo). Also you can find more of his books on Amazon. “Ikiteiru”(his debut photobook and masterpiece), “Tekka”(same format with Ikiteiru), “Ore no Kuruma”(means “my car”. He loves his car).

 Posted by at 12:17 PM