1月 312012
 

ピクチャー&ピクチャーのコーナーでは、絵と写真、写真と絵の関係をさぐっていこうと思います。

In “Picture & Picture” series, I would like to explore the relation between photographs and paintings.

************************************************************************

2012年1月20日から3月10日まで、六本木のWAKO WORKS OF ARTでは、James Welling(ジェームズ・ウェリング)の展覧会「Wyeth」を開催しています。

この作品は、アメリカ人の画家Andrew Wyeth(アンドリュー・ワイエス)の絵画の舞台を写真家が訪ね、画家が描いたものを撮影したシリーズです。ここでは、あえて写真家の作品ではなく、ワイエスの絵画を見てみたいと思います*1*2。

WAKO WORKS OF ART at Roppongi, Tokyo is now having an exhibition of James Welling “Wyeth” from Jan 20, 2012 to Mar 10, which the photographer visited the Maine and Pennsylvania to photograph some of the subjects that Wyeth painted.

Instead of Welling’s photographs, let’s look at Wyeth’s paintings.

ワイエスは1917年生まれ、2009年没。20世紀アメリカで最も有名な画家の1人。

Andrew Wyeth was born in 1917 and died in 2009 at age 91. He is one of the most popular painter of 20th century in the United States.

生まれ故郷であるペンシルバニア州と、

His subjects are mostly people and the landscapes in his hometown in Pennsylvania,

夏のバケーションで訪れていたメイン州(アメリカの最東北部)の別荘地の周りを描き続けました。

and his family’s vacation home in Maine.

著名なイラストレーターである父親の影響もあり、幼いころから絵を描きはじめます。

He started to paint in his childhood under strong influence of his father who was also an renowned illustrator .

体が病弱だったため、ほとんど学校教育は受けませんでした。

He was home-tutored because of his frail health.

ワイエスの絵から感じ取れる静寂感や孤独感は、気候のせいだけではなく、20代のころに、父親とまだ幼い甥を鉄道事故により亡くしてしまったことも関係しているはずです。

Not only the severe weather in Pennsylvania and Maine, but also losing his father and young nephew by the train accident surely influenced on his works.

どうでしたか。

絵を見てからウェリングの展覧会へ行くと、より理解が深まりますね。

It would be more interesting If you look through the original paintings before you go to the exhibition.

 

*1 これらの絵は、James Wellingが参照した絵画とは限りません。写真家が撮った作品を見たあとに、オリジナルの絵を探して比較してみるのも面白いですね。
*2 ここで紹介した『Andrew Wyeth Autobiography』、各作品にワイエス自身がコメントをよせています。おすすめです。

 Posted by at 11:43 PM
1月 292012
 

東松照明さんの「プラスチックス」シリーズ。

1986年に房総半島へ居を移した後、1987年から1989年にかけて九十九里海岸で撮影された作品。

Shomei Tomatsu’s (b.1930) “PLASTICS” series, taken between 1987-1989.

After taking an operation for his heart in 1986, he moved near the beach of Chiba prefecture and started to take photographs of these materials that came floating from Tokyo bay.

小山泰介さんの写真集、『entropix』より。東京のサーフェス(表面)をデジタルカメラで撮影。

Taisuke Koyama’s (b.1978) series “entropix”. Digital images taken from the surface of Tokyo.

 

 

 

 

 Posted by at 7:10 PM
1月 292012
 

2011年9月に創刊された、台湾のコンテンポラリーフォトグラフィー雑誌『Voices of Photography』。

2012年1月/2月号では、うつゆみこさんと横田大輔さんの作品がピックアップされています。公式ブログは英語でも書かれていますので要チェック。そういえば今日本ではこういう雑誌ないですね。

Here is contemporary photography magazine from Taiwan. Blog is written in English too. Those who are interested in Taiwanese photography now should check this out. I am sorry that we don’t have this kinda photography magazine in Japan.

Voices of Photography is an independent publication dedicated to contemporary photography. Launched in September 2011, VOP features contemporary photographers and artists, as well as interviews with artists, gallerists, curators, and publishers and other related professionals worldwide, to share and explore the creativity and philosophy of photography.

 Posted by at 10:34 AM
1月 282012
 

世界の写真フェスティバルを紹介していこうと思います。

今回は、2012年で5回目となる、5th International Photobook Festivalです。

I would like to introduce photo festivals outside Japan to Japanese readers. This time, 5th International Photobook Festival which has been moved the venue from Kassel Germany to Paris France.

どこで行われるの?
フランスはパリのLe Balというスペース。

去年まではドイツのカッセル(カッセルはここ。)で開催されていたのでKassel Foto Book Festivalという名前でしたが、今年はフランスに場所を移しました。

Where at?
Le Bal in Paris, France.

いつ行われるの?
2012年4月20日(金) – 2012年4月22日(日)

When?
2012/4/20(Fri) – 2012/4/22(Sun)

どんなフェスティバル?
その名のとおり、写真集にフォーカスしたフェスティバル。

What’s special?
Obviously from the event name, it is focused on photobook.

もう少し詳しく
このフェスティバルでは3つのメインイベントがあります。
1. Dummy Award(ダミー・アワード)
2. Photo Book Award(フォトブック・アワード)
3. レクチャー

There are three main events in the festival.
1. Dummy Award
2. Photo Book Award
3. Lecture

1.Dummy Award
誰でも参加費を支払えば応募できる写真集コンテスト。みごと一等賞になった写真集は写真集として出版されます*1。このDummy Awardはデータやプリントそのものの応募ではなく、ダミー本の実物を提出します。写真だけでなく、編集や、本の作り込みも大事になってきそうですね。これは後ほど応募方法を紹介しようと思います。→記事書きました。「世界の写真(集)コンテスト Dummy Award 2012」

1. Dummy Award
I want more Japanese photographers to participate in this award, so I would like to explain how to submit the work, terms and conditions etc. in next article.

Here in Japan, there are some contests which the winner is given to publish the photobook. For instance, Little More and BCCKS held the online photobook contest in 2008 and 2009.  Entrants were to submit the digital photobook data using the book formats that were provided by BCCKS. Result are here an here.

Anyway, participants need to submit the real dummy book for Dummy Award instead of just digital data, I guess editing skill and the book itself as an object are also keys to win this award.

ダミー・アワード。日本からもどしどし応募しましょう。

2.Photo Book Award
各国の写真エキスパートであるノミネーターが、昨年出版された写真集からベスト写真集を選び、それらが会期中、会場のLe Balに展示されます。選ばれた写真集はカタログとして1冊にまとめられます。

2. Photo Book Award
Nominators from all over the world will select the best from previous year. Catalog will be published. You can buy back numbers here and also see them online.

2011年のカタログ。購入することもできますが、オンラインで中身が見られます

Photo Book Award Catalog 2011

2011年に複数名がノミネートした人気作品。Michael Wolf『Tokyo Compression』。日本人としては複雑な気持ちになりますが。

Several nominators selected Michael Wolf’s work “Tokyo Compression” . I have a complex feeling every time I see this as a Japanese living in Tokyo. It is somehow true, but… sad..

Photo Book Award 2011の様子。写真はブログHarvey Bengeより。

This is a picture from 2011. From the blog, Harvey Benge.

3. レクチャー
今日(2012年1月28日)時点ではレクチャーの詳細は発表されていませんが、アメリカ人写真家のTodd Hido(トッド・ハイド)、アサヒカメラ「今日の写真」のゲスト*2にも登場したドイツのMarkus Schaden(マルクス・シャーデン)、ブログでも紹介したerrata editionsを主宰するJeferry Ladd(ジェフェリー・ラッド)などがレクチャーを行うようです。

3. Lecture
There were many lectures in 2011 which fascinated me even if I only read the brief description on the web site. But at this point, there are only lecturer’s names and there is no detail yet. Lecturer so far are, Gerry Badger, Jason Fulford, Todd Hido, Jeffery Ladd, Thomas Mailaender, and Markus Schaden.

2011年のレクチャーの様子。イベントのfacebookページより。

The image from event’s facebook page.

2011年と比べて、レクチャーの数が少なくなったり、ポートフォリオレビューがなくなったりと、規模が小さくなっているのが少し残念ですが、楽しそうなイベントですね。

I look forward to reading everybody’s report for this event.

*1リトルモアとBCCKSが2008年と2009年に主催した「LittlemoreBCCKS 写真集公募展」や専門学校ビジュアルアーツ4校が共同で出資する「ビジュアルアーツフォトアワード」も写真集の出版がされるコンテストですが、これはそれぞれデータ、プリントで審査されますね。
*2 2012年1月号

 

 Posted by at 4:11 PM
1月 242012
 

ボーイ・ミーツ・カー。

男子は車がお好き。

ということで、いろいろな時代、いろいろなところで写真家が車を撮った写真(集)を集めてみました。

20世紀のはじめごろ、フランスのお金持ち写真家、Jacques Henri Lartigue(ジャック=アンリ・ラルティーグ)は、レーシングカーや車の写真をたくさん撮りました。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

Boy likes cars as girl likes bags and high heels. So I collected photos (photobooks) that some photographers shot cars in various eras and places.

Here are some photos of Jacques Henri Lartigue that were taken in early 20th century in France.

自分の興味のある被写体を追いかけ続けたラルティーグ。いいですね。

Happy photos in happy times.

 

次は1960年代のアメリカで撮られた車の写真です。

Lee Friedlander(リー・フリードランダー)は1964年に、新車の広告用の写真撮影を依頼されました*1。

しかし、およそ新車の広告らしくないこれらの写真は、ボツになり長らく忘れ去られていました*2。フリードランダー曰く「社会の中に(車を)おいて撮りたかったんだ」とのことです。

In early 1960s, Lee Friedlander was assigned by a magazine to take photos for advertisement of new cars . But these unlike ad photos were never used and were replaced to another images of someone else . He was trying to capture “social landscape with cars” but the magazine editor was afraid of client’s reaction. Fortunately, these photos were founded and now you can see them in the photobook “The New Cars 1964″ published by Fraenkel Gallery.

新車の広告でこの写真は斬新すぎ?

ガラスの反射にうっすら写すだけ。

ソーシャル・ランドスケープ・ウィズ・カー、といったところでしょうか。

 

 

続いては、現代の日本。

佐内正史さんは自分の車で1冊の写真集をつくりました。その名も『赤車』。

In today’s Japan, Masafumi Sanai made an photobook of his own red car*3.

車が好きなんですねー。

*1 このころフリードランダーは、グッゲンハイム財団の奨学金を得たり、ジャズLPのカバー写真を撮影して頭角を表していた。(ジャズLPのカバー写真は記事に書きました Lee Friedlanderのジャケット写真
*2 これらの写真はおよそ50年の時を経てサンフランシスコのFraenkel Galleryから『The New Cars 1964』として1冊の写真集にまとめられた。
*3 Co-published from Label M and Taisyo in 2009.

 Posted by at 7:14 AM