1月 242012
 

ボーイ・ミーツ・カー。

男子は車がお好き。

ということで、いろいろな時代、いろいろなところで写真家が車を撮った写真(集)を集めてみました。

20世紀のはじめごろ、フランスのお金持ち写真家、Jacques Henri Lartigue(ジャック=アンリ・ラルティーグ)は、レーシングカーや車の写真をたくさん撮りました。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

Boy likes cars as girl likes bags and high heels. So I collected photos (photobooks) that some photographers shot cars in various eras and places.

Here are some photos of Jacques Henri Lartigue that were taken in early 20th century in France.

自分の興味のある被写体を追いかけ続けたラルティーグ。いいですね。

Happy photos in happy times.

 

次は1960年代のアメリカで撮られた車の写真です。

Lee Friedlander(リー・フリードランダー)は1964年に、新車の広告用の写真撮影を依頼されました*1。

しかし、およそ新車の広告らしくないこれらの写真は、ボツになり長らく忘れ去られていました*2。フリードランダー曰く「社会の中に(車を)おいて撮りたかったんだ」とのことです。

In early 1960s, Lee Friedlander was assigned by a magazine to take photos for advertisement of new cars . But these unlike ad photos were never used and were replaced to another images of someone else . He was trying to capture “social landscape with cars” but the magazine editor was afraid of client’s reaction. Fortunately, these photos were founded and now you can see them in the photobook “The New Cars 1964″ published by Fraenkel Gallery.

新車の広告でこの写真は斬新すぎ?

ガラスの反射にうっすら写すだけ。

ソーシャル・ランドスケープ・ウィズ・カー、といったところでしょうか。

 

 

続いては、現代の日本。

佐内正史さんは自分の車で1冊の写真集をつくりました。その名も『赤車』。

In today’s Japan, Masafumi Sanai made an photobook of his own red car*3.

車が好きなんですねー。

*1 このころフリードランダーは、グッゲンハイム財団の奨学金を得たり、ジャズLPのカバー写真を撮影して頭角を表していた。(ジャズLPのカバー写真は記事に書きました Lee Friedlanderのジャケット写真
*2 これらの写真はおよそ50年の時を経てサンフランシスコのFraenkel Galleryから『The New Cars 1964』として1冊の写真集にまとめられた。
*3 Co-published from Label M and Taisyo in 2009.

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 7:14 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>