1月 312012
 

ピクチャー&ピクチャーのコーナーでは、絵と写真、写真と絵の関係をさぐっていこうと思います。

In “Picture & Picture” series, I would like to explore the relation between photographs and paintings.

************************************************************************

2012年1月20日から3月10日まで、六本木のWAKO WORKS OF ARTでは、James Welling(ジェームズ・ウェリング)の展覧会「Wyeth」を開催しています。

この作品は、アメリカ人の画家Andrew Wyeth(アンドリュー・ワイエス)の絵画の舞台を写真家が訪ね、画家が描いたものを撮影したシリーズです。ここでは、あえて写真家の作品ではなく、ワイエスの絵画を見てみたいと思います*1*2。

WAKO WORKS OF ART at Roppongi, Tokyo is now having an exhibition of James Welling “Wyeth” from Jan 20, 2012 to Mar 10, which the photographer visited the Maine and Pennsylvania to photograph some of the subjects that Wyeth painted.

Instead of Welling’s photographs, let’s look at Wyeth’s paintings.

ワイエスは1917年生まれ、2009年没。20世紀アメリカで最も有名な画家の1人。

Andrew Wyeth was born in 1917 and died in 2009 at age 91. He is one of the most popular painter of 20th century in the United States.

生まれ故郷であるペンシルバニア州と、

His subjects are mostly people and the landscapes in his hometown in Pennsylvania,

夏のバケーションで訪れていたメイン州(アメリカの最東北部)の別荘地の周りを描き続けました。

and his family’s vacation home in Maine.

著名なイラストレーターである父親の影響もあり、幼いころから絵を描きはじめます。

He started to paint in his childhood under strong influence of his father who was also an renowned illustrator .

体が病弱だったため、ほとんど学校教育は受けませんでした。

He was home-tutored because of his frail health.

ワイエスの絵から感じ取れる静寂感や孤独感は、気候のせいだけではなく、20代のころに、父親とまだ幼い甥を鉄道事故により亡くしてしまったことも関係しているはずです。

Not only the severe weather in Pennsylvania and Maine, but also losing his father and young nephew by the train accident surely influenced on his works.

どうでしたか。

絵を見てからウェリングの展覧会へ行くと、より理解が深まりますね。

It would be more interesting If you look through the original paintings before you go to the exhibition.

 

*1 これらの絵は、James Wellingが参照した絵画とは限りません。写真家が撮った作品を見たあとに、オリジナルの絵を探して比較してみるのも面白いですね。
*2 ここで紹介した『Andrew Wyeth Autobiography』、各作品にワイエス自身がコメントをよせています。おすすめです。

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 11:43 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>