2月 262012
 

今日はつまらない写真を紹介したいと思います。

I would like to introduce boring pictures.

まずはこちらのダイアログを読んでください。

Please read this dialog first.

*******************************************

クリス(女):この写真全然すきじゃないわ。私は、人が写っていたり何か物語りを感じるほうが好き。ルート66の写真?意味分からない。。

インタビュアー:この写真家は何かを意図してると思う?

クリス(女):そのはずだと思うけど。こんなつまらない写真を趣味でとってるとは思えないわ。ジャック、どう思う?

ジャック(男):僕には何か訴えるものがあるよ。だってこんな写真見たことないよ。たぶん写真家は。。えーっと、まだはっきりとは分からないけど。。

Chris: I just don’t like this at all; [I prefer] people, pictures, something that tells a story. Route 66, big deal, it doesn’t mean anything.

Interviewer: Do you think the photographer had any intent?

Chris: He must have, for a layout like this. He couldn’t have been doing it for his enjoyment, because they are very dull pictures in my opinion. Jack, what do you think?

Jack: They mean something to me because I’ve never seen them before, I think he’s trying to get at…I’m still working on it…

*******************************************

これは1975年にアメリカで開催された写真展「ニュー・トポグラフィクス:人工的風景の写真」の会場で、展示を見に来ていた20代のカップルへ行ったインタビューの一部です。

ニュー・トポグラフィクス展は、今では写真史上の重要な展覧会と位置づけられていますが、当時、しかもふらっと立ち寄った若いカップルには理解し難いものだったようですね。

それでは出展された写真をみてみましょう。

This conversation was recorded at the exhibition “New Topographics – Photographs of a Man-altered Landscape” held at George Eastman House, Rochester, New York, in 1975. They are young couple in their twenties. Jack is a man and Chris is his girlfriend or wife.

It is now regarded as an important exhibition in the history of photography and has influenced many photographers later on. But, at that time, especially for a young couple, it was hardly understandable.

Let’s take a look at the boring pictures.

Robert Adams, Mobile homes, Jefferson County, Colorado, 1973

Bernd and Hilla Becher, Harry E. Colliery Coal Breaker, Wilkes-Barre, Pennsylvania USA, 1974

Stephen Shore, Wild Street and Colonization Avenue, Dryden, Ontario, August 15, 1974

Henry Wessel, Jr., Tucson, 1974

次回はもうひとつ、つまらない写真を紹介します。

There is another series of boring pictures. Let me show you next time.

 Posted by at 11:44 PM
2月 262012
 

こちらは、今道子さんの写真集『EAT』。1991年に出版されました。

今さんは、食べ物を使って、ちょっと気味の悪い物体をつくります。

This is Michiko Kon (今道子)’s photobook Eat, published in 1991.

She uses food and make surreal objects.

こちらは、うつゆみこさんの写真集『はこぶねのそと』。2009年に出版されました。

うつさんも、食べ物を使って作品をつくります。

This is Yumiko Utsu (うつゆみこ)’s photobook Out of Arc, published in 2009.

She also uses food and make surreal objects.

どちらも唯一無二の世界をつくりだしてます。このスタイルは簡単に真似できませんね。

You need strong obsession to make this kind of art. Not easy.

 Posted by at 5:54 PM
2月 262012
 

木村伊兵衛写真賞をふり返るコーナー。

前回は1970年代の受賞作品を見てみました。今回は80年代前半です。

let me introduce Kimura Ihei Award, popular photographic award in Japan (review of 1970s is here). This time, early 1980s.We were getting rich and rich after the world war II. Did this affect to the selection?

1980年度は江成常夫さんの「花嫁のアメリカ」。戦後アメリカ人と結婚し渡米した日本人の花嫁を現地で取材したシリーズ。当時そういった人々は「戦争花嫁」と呼ばれたそうです。

1980 Tuneo Enari (江成常夫). He went to the States to interview/photograph war brides, who left Japan with American husband after the war. He consistently chooses dark side of Showa-era (1926-1989), (without no doubt the most dramatic time in the history of Japan), as the subjects.

1981年度は渡辺兼人さんの「既視の街」。

1981 Kanendo Watanabe (渡辺兼人). This could be a good example of one of the typical styles in Japanese photography, strolling around town and capture the images in black and white with vague concept. Images are rather poetic and lyrical. I said this is Japanese but not only us? I don’t know. All I can say is that there are still many photographers in Japan follows this style while many have appeared in contemporary art field too. Also when I talked to a photo editor in Korea, she told me they consider photography as an art form so that they never shoot without concept in Korea. Interesting.

1982年度は北島敬三さんの『NEW YORK』。

1982 Keizo Kitajima (北島敬三). “NEW YORK”

1983年度は該当者なし。1984年度は田原桂一さんの写真集『TAHARA KEIICHI 1973~1983』。1951年生まれの田原さんは1972年フランスに渡り、1977年にはアルル国際写真フェスティバル新人大賞を受賞されています。その後も彫刻や映像、光を使った様々なプロジェクトを手がけています。明らかにこれまでの木村伊兵衛賞の写真家とは違うタイプです。アーティストの公式サイトで様々な作品が見られますのでのぞいてみて下さい。

ちなみにこの年の候補者には荒木経惟さんも含まれていました(1980年度以来2度目)。

There was no nominee in 1983.

1984 Keiichi Tahara (田原桂一). He has quite unique background and totally different from the photographers selected so far. Born in Kyoto in 1951, he left to France in 1972, awarded Grand Prix des Jeunes Photographes, Arles France in 1977. His works are not only photographs, but also sculpture, movie, projects using light. If you see his web site (it is in Japanese, English and French), you will see.

By the way, Araki was nominated in this year. But he eventually hasn’t been given this award.

1985年度は三好一義さん。受賞写真集は『RAKUEN』。日本は80年代後半のバブル景気を最高潮とする好景気のまっただ中。南国のリゾート写真が時代を反映していますね。

次回は80年代後半です。

1985 Kazuyoshi Miyoshi (三好一義). We were getting closer to the top of post-war economic miracle time in late 80s to early 90s. Miyoshi’s pictures of resort islands certainly reflected the era.

Stay tuned for late 1980s.

 

 Posted by at 4:20 PM
2月 202012
 

写真集を動画で紹介するhave a nice bookというサイトで、エグルストンのマスターピース『William Eggleston’s Guide』が全ページ見られます。まだ見たことない人は見ておきましょー。

If you have not read William Eggleston’s Guide yet, go to have a nice book to check it out. It only takes 3 minutes.

これまでの「世界の写真サイトトレッキング」はこちらにまとめてあります。

Photography web sites that I’ve picked so far are here.

 Posted by at 9:23 AM
2月 192012
 

アーティストJason Polan(ジェイソン・ポラン)は、ニューヨークの人々を毎日せっせと絵に描き「Every Person in New York」というブログにアップしています。

たとえば、セントラルパークでストレッチする男。

Taco Bell(タコベル、メキシコ料理中心のファスト・フード店)でピザ食べながら読書にふける男。

10秒で描いたようなスケッチから、時間をかけたドローイングまで、時間忘れて見てしまいます。

ジェイソンは、街で見かけた知らない人だけでなく、著名人やアーティスト、写真家も描いてます。Blake Andrew(ブレイク・アンドリュー)の写真ブログ「B」が、この膨大なアーカイブの中から写真家のドローイングだけを集めてくれてます。

Alec Soth(アレック・ソス)

Terry Richardson(テリー・リチャードソン)

Todd Hido(トッド・ハイド)

まだまだたくさんあります。こちらからどうぞ

 

 Posted by at 7:38 PM