3月 282012
 

桜の季節がやってきますね。

千鳥ヶ淵や上野公園でみんなと一緒にわいわいと、近所にさりげなく咲いている桜を1人でしんみりと。

佐内正史さんの写真集『message』に桜の写真をみつけました。一足先に写真集で桜を楽しみましょう。

Cherry blossoms time is coming.

Every spring we appreciate for living in Japan and enjoy Hanami (flower viewing).

Here are some images of cherry blossoms from Masafumi Sanai’s book message.

 

Looking forward to it.

 Posted by at 11:33 AM
3月 282012
 

ピクチャー&ピクチャーのコーナーでは、写真と絵、絵と写真の関係をさぐってみたいと思います。

In “Picture & Picture” series, I would like to explore the relation between photograph and painting.

*********************************************************************

Edward Hopper(エドワード・ホッパー)は、都市の中の静けさや孤独を描き、その作品は後の絵画だけではなく、映画や文学など様々なジャンルに大きな影響を与えたアメリカ人の画家です。写真への影響もあるのでしょうか。

Edward Hopper is, as you already know, an American painter whose works influenced much not only on another painters but also all kinds of creators such as filmmakers, writers etc. How about photographers?

この絵が有名ですね。1942年の作品「Nighthawks」。

This is perhaps the most famous work titled Nighthawks, painted in 1942.

1918年のエッチング作品「Night on El Train」。

Night on El Train, 1918

Walker Evans(ウォーカー・エヴァンス)の『Many are Called』より。コートの下にカメラを隠し、地下鉄の車内で1人の世界にひたる乗客のポートレートを撮ったシリーズです。1938年の作品。

from Walker Evans’s series of work Many are Called, 1938

1952年の「Morning Sun」。シンプルな部屋に1人。

Morning Sun, 1952

Alone in a plain room.

郊外の家に1人。

Robert Adams(ロバート・アダムス)の1974年に出版された写真集『New West』より。アダムスは、豊かな暮らしを求め開発された郊外へ移り住むアメリカ人とその環境を写真におさめました。

from New West by Robert Adams

Alone in a suburban home.

「Early Sunday Morning」1930年

なんでもないストリートの美しさ。

Beauty in ordinary street.

Stephen Shore(スティーブン・ショア)の『Uncommon Places』より。1974年の作品。

観光地でもランドマークでもない普通の小さな交差点。

Neither a tourist spot nor landmark. Rather boring intersection shot by Stephen Shore.

「Hotel Room」1931年

ホテルの部屋にうつむいた女性。

A woman with her head down in a hotel room.

ホテルの部屋にさみしそうなおじさん。

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)の写真集『William Eggleston’s Guide』より。

まだまだたくさんあるのですが、今日はここまで。

A man with downcast eyes in a hotel room, from William Eggleston’s Guide.

There are many more but that’s all for today.

*2009年にはアメリカのFraenkel Galleryでホッパーの写真への影響を考察する展覧会「Edward Hopper & Company」が開催されました。取り上げられた写真家は以下の8名:Walker Evans(ウォーカー・エヴァンス)、Robert Frank(ロバートフランク)、Robert Adams(ロバート・アダムス)、Diane Arbus(ダイアン・アーバス)、Harry Callahan(ハリー・キャラハン)、Lee Friedlander(リー・フリードランダー)、Stephen Shore(スティーブン・ショア)、William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)。その展覧会の様子はこちら

 Posted by at 10:42 AM
3月 272012
 

iTunesで購入できる写真集アプリを紹介します。

5回目は、杉本博司さんの写真集『SUGIMOTO』。

I would like to introduce photobook app SUGIMOTO by Hiroshi Sugimoto

オリジナルは、1988年にNYと東京で行われた展覧会にあわせて刊行された同名の写真集です。

1970年代後半から80年代に撮影されたシリーズ「Dioramas」、「Theaters」、「Seascapes」を収録。

Originally published in conjunction with the exhibition held in NY and Tokyo in 1988. It includes three well-known series, Dioramas, Theaters, and Seascapes.

テキストは英語と日本語のバイリンガル対応。

Text is in English and Japanese.

NYにあるアメリカ自然博物館で撮影された「Diorama(ジオラマ)」シリーズ。

「Theaters(劇場)」

「Seascapes(海景)」

家でじっくり見るときには本を開いて、手軽に見たいときはiPadで。

Now there are two ways to enjoy photobook.

 Posted by at 6:19 PM
3月 252012
 

アメリカの写真ブログ、PHOT(O)LIAより。

From photography blog (tumblr), PHOT(O)LIA.

*The following comments are only my speculation.

好きな写真集を持ちよって、ワイングラス傾けながら写真の話しましょうよ。

“Bring your favorite photobooks and talk about photography with wine glass in right hand.”

「この本知らなかったなー」

“I didn’t know this book. It’s fabulous.”

「この間いい古本屋見つけたんだよ」

“Have you seen Cindy Sherman’s exhibition at MoMA yet?”

“No”

「How to make a book with steidl」の鑑賞会。いいなー。

Enviably, watching How to make a book with steidl.

スクリーンの大きいこと。

Big Screen.

夜は更けていくのでした。

ワインは飲んでませんでしたね。元記事はこちら。

There was actually no wine.

The original article is here.

 

 Posted by at 9:33 PM