5月 172012
 

直接的すぎず、プライベートな臭いになりすぎず、どこかに関係していきながらでも詩的であるっていうのを目指しています。
川内倫子

I aim to create works that are lyrical and open for associations – not too straightforward or personally engaged.
Rinko Kawauchi

川内倫子『照度 あめつち 影を見る』(青幻舎, 2012), p.103

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 10:12 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>