6月 222012
 

事件の写真はどうやって撮りますか?

事件は会議室で起きてるんじゃなく、現場で起きています。ということは現場に行かなければなりません。

How to photograph an incident? Of course you need to be on site to get the image.

Weegee, Concerned Policeman, 1943

アメリカの写真家、Weegee(ウィージー)は事件を現場でスクープしました。

事件を現場でおさえる。イージーではないですが、セオリーですね。

Above is an photo by Weegee. Run to the spot and shoot. Normal.

Joel Sternfeld, from the series On This Site, 1994

これはどうでしょう。普通のダウンタウンの写真です。何も事件なんて起きていません。

この写真は、Joel Sternfeld(ジョエル・スタンフェルド)の「On This Site」というシリーズからの一枚です。スタンフェルドは過去に事件が起きた場所を後から撮影したんです。写真にはこんなキャプションがつけられています。

「1964年3月14日の早朝、犯人は被害者を刃物で刺殺した。38人もの隣人が被害者の助けを求める声を聞いたにも関わらず誰一人として警察へ連絡をしなかった。」

How about this? There is nothing going here. It’s just an street in downtown.

As a matter of fact, Joel Sternfeld photographed the scenes of crimes afterwards.

“Kitty Genovese was repeatedly stabbed outside her apartment in the early morning hours of March 13,
1964. Thirty-eight people heard her cries for help. Although the attack lasted over half an hour, not a
single person called the police until after she had died.”

This caption changes how this ordinary picture look.

米田知子 ビーチ(ノルマンディ上陸作戦の海岸/ソードビーチ・フランス)2002
©Tomoko Yoneda coutesy ShugoArts

続いて、米田知子さんの作品。

のんびりとした雰囲気のビーチの写真ですが、ここはノルマンディー上陸作戦が行われた場所です。

ですから、当時その現場を撮影していたらこういう写真になったんです。

This photograph was shot at Normandy beach by Tomoko Yoneda.

So if the photo was taken sixty years ago, it would be like this.

Robert Capa, Omaha Beach Normandy France, 1944

ロバート・キャパの有名な一枚。

背景を知ることで、写真の見え方がまったく違うものになりますね。作品の深みもぐっと増します。

Yoneda try to capture not only what it actually looks but also the history behind it.

最後はこちら。

お察しのとおり、お風呂で事件が起きたんです。ですがこのお風呂は実際の現場ではありません。

Thomas Demand(トーマス・デマンド)は、事件現場の模型を紙でつくり、それを写真に撮りました。

これはどういう事件なのか、その現場を紙で再現した模型の写真を見たときにどう感じるか、東京都現代美術館の展覧会で確認してみてください。

展示は7月8日までです。

The last one.

Yes, something happened in the bathroom. But it’s not the actual site.

Thomas Demand reproduced the scene by paper and photographed it.

What happened here? Please go check the exhibition at Museum of Contemporary Art Tokyo. Interesting experience to face giant photographic prints of paper craft.

 Posted by at 4:00 PM
6月 192012
 

以前ブログでも紹介したThe Photobook Review*1、第2号がリリースされました。写真集という媒体に絞ったレビュー誌、写真集が世界中で人気なんですね。写真集大国ニッポンとしてはうれしいことです。

The Photobook Review 002 has been released from aperture. Now photobook is very popular in all over the world. For us Japanese who have been developed unique and deep photobook culture, it’s a pleasant movement.

今号のゲスト・エディターはマルクス・シャーデン*2。彼は「Editor’s Note」にこんなことを書きました。

The guest editor of this issue is Markus Shaden. Let’s read the Editor’s Note first.

「セルフパブリッシュも簡単にできるようになり、最近の写真集ブームはたいへんな数の写真集を毎日生み出している。インターネットやソーシャルネットワークには写真集の情報があふれている。」

“Since PBR 001′s successful launch at Paris Photo 2011, the photobook market feels less predictable in its constant shift between boom and crisis. There has been a wave of self-made photobooks, more books published by traditional publishers, many new, online indie bookstores, and social networks that spread information about photography books.”

「しかし私は言いたい。いい写真集をつくるのは簡単ではない。たいへんな手間と時間がかかる。しかし、そうやって丁寧につくられた写真集に賞味期限はない。」

“While the publishing process and market may move with great speed, the making great books takes time.”

Introducing Kiyoshi Suzuki Soul and Soul 1969-1999, dummy book of a masterpiece.

誌面には、鈴木清さんの写真集『流れの歌』やDanny Lyon(ダニー・ライアン)のダミー本が紹介されていました。

ダミー本は写真集の試作品です。写真のセレクト、順番、大きさ、余白などをの選択を、何度も何度も試行錯誤し完成に近づけていきます。

“Looking back at the history of the photobook, it is obvious that developing a dummy and experimenting with sequencing, layout, and ideas are important first steps toward creating an outstanding photobook.”

Another dummy book by Danny Lyon

「いい写真集をつくるのは簡単ではない。たいへんな手間と時間がかかる。しかし、そうやって丁寧につくられた写真集に賞味期限はない。」

“While the publishing process and market may move with great speed, the making great books takes time.”

*1 アメリカやヨーロッパの一部で無料で配布されているのですが、残念ながら日本には流通していません。
*2 ドイツ人のパブリッシャー、ライター。1995年、ケルンにブックショップShaden.comをオープン。

 Posted by at 3:58 PM
6月 172012
 

Before

佐内正史さんのデビュー作『生きている』。1997年の写真集。

from Masafumi Sanai Ikiteiru (means alive), published in 1997.

佐内さんはどこへも行きません。

Sanai does not go anywhere.

目の前にあるものを撮ります。

Just shoots whatever in front of him.

グラウンド。

Grounds.

After

約15年後。2011年の写真集『パイロン』より。

Almost 15 years after. From Pylon, published in 2011.

グラウンドからはじまります。

Grounds again.

佐内さんはどこへも行きません。

Sanai does not go anywhere.

目の前にあるものを撮ります。

Just shoots whatever in front of him.

2012年の写真集『ラレー』より。

また15年後くらいにアップデートしたいと思います。

From Rarry, published in 2012.

I will update this article again in another 15 years.

【佐内正史さんの本】
- 生きている 1997年のデビュー作。
- 対照レーベル ここで対照レーベルの写真集を直販しています。あまり書店に流通していないクオリティの高い作品ばかり。

 Posted by at 11:28 AM
6月 162012
 

ピクチャー(写真)とピクチャー(絵)。

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)は写真と絵をミックスした作品集をつくりました。

Picture and Picture.

William Eggleston made a book with picture and picture.

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)『Paris』。2009年出版。

Published in 2009.

ピクチャー(絵)とピクチャー(写真)。

Picture and picture.

ピクチャーとピクチャー。

PIcture and picture.

ピクチャー(絵)のピクチャー(写真)。

Picture of picture.

どっちもピクチャー。

Both are pictures.

【William Egglestonの本】
- William Eggleston’s Guide 泣く子もだまるデビュー作。
- Paris エグルストン曰く「これが最後の作品集 」だそうです。

 Posted by at 2:32 PM
6月 162012
 

アッジェは早起きしてパリの街を撮影しました。

Atget got up early and photographed Paris.

朝早いため人がいません。

It’s early in the morning, so there is nobody.

どこか不気味。

Mysterious.

中野正貴さんは意図的にだれもいない東京を撮りました。

Masataka Nakano intentionally photographed Tokyo without people.

フォトショップで後から人がいないよう加工することもできますが、中野さんはそうしていません。

He could have used photoshop to eliminate people afterwards but he didn’t.

大判カメラを三脚に据えてひたすら待ちます。

He waited, waited and waited…until there was nobody in the frame.

銀座

Ginza

渋谷

Sibuya

新宿

Shinjuku

10年分を写真集にまとめました。

It took 10 years.

写真集はリトルモアから2000年に出版。

Photobook was published from Little More in 2000.

He is still continuing this series.

【関連する本】
Paris: Eugene Atget: 1857-1927 アッジェの写真集。Taschenの本は安いです。1000円ちょっとだから買っておこう。
- 中野正貴『Tokyo Nobody』 ロングセラー。

 

 

 Posted by at 11:08 AM