9月 102012
 

荒木経惟さんは電通で働いていたころ(1963年から72年まで)、昼休みに銀座をぶらぶらして写真を撮っていました。

Nobuyoshi Araki used to walk around during lunch break and snapped in Ginza when he was working at Dentsu, the biggest advertising company in Japan in 1960s and early 1970s.

スナップ写真ですが、背景が写ってません。

「これはねえ、ナンパしたり拉致したりして撮ったんじゃないんだよ。これはスナップして、それをだね、プリントして、中年女の型だけを切り抜いたのを白い紙に貼って、複写してるの。ともかく、そのころから背景は白、無地だっていうことになってんだよ、アタシの場合。」

These are street snap photographs but as you see, there are no backgrounds.

“I shot them in the street, printed and cut out the portraiture, then pasted on white paper and photographed them again.”

Araki experiments.

【荒木経惟さんの本】
- 完全版 写真ノ話 ここまで自分の作品について語れるのは荒木さんしかいません。この「中年女たち」シリーズについても書いてあります。
-  顔写(荒木経惟写真全集)荒木さんは「ポートレート」ではなく「顔写」と呼びます。

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 7:55 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>