10月 172012
 

「最低年に10冊は基本だね(笑)。」

“At least I need to make 10 books a year, at least. But I have been very lucky at the same time. Many thankfully invite me to make books.”

「そう、撮ったら本にしなくしゃ写真じゃないんだよ(笑)。写真展なんてのは2、3週間でしょ。やっぱりブツにしないとダメなんですよ。未練派だからねえ、残したいんだよね。」

“If you took photographs, you must make a book. Exhibition? it only lasts few weeks right? I want to make it object. Otherwise I regret.”

「本にするっていうのは、やっぱり時間を見せたいんじゃないかな。」

“I make photobooks maybe because I want to share the time with readers.”

「できれば、広がって欲しいんだよね。本は持ってる人が他人に見せないっていうふうにしちゃダメなんだよ。」

“I wish these photobooks will be spread around. If you own the books, you can’t just keep it to yourself.”

「『東京色情日記』(1985)っていう本をロバート・フランクに贈ったら、フランクが自分のリビング・ルームに置いてくれたんだ。そこにジム・ジャームッシュが遊びに来たわけですよ。

I once sent my photobook to Robert Frank and he displayed in his living room. One day, Jim Jarmusch came to Frank’s home and saw the book.

それを見て興奮しちゃって、映画の仕事で日本に来たときに、私に会いたいって担当の人が連れて来てくれたんだよ。それでジム・ジャームッシュと会ったんだ。

 He really liked it and when he came to Japan for working on a film, he tried to find me even though he didn’t know my name. That’s how we met.

「本の魅力はそういうところにあるんだよね。」

Books have such kinda power.”

【荒木経惟さんの本】
- 荒木本 これだけ厚い写真集ガイドを出せる写真家は荒木さんしかいませんね。

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 10:39 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>