12月 192012
 

Alec Soth(アレック・ソス)のワークショップ(後編)です。

前編はこちら

**********************************

ソス: OK。さっき君はプロの写真家になるつもりはないと言ったね。じゃあこれは誰のために、誰に向けてつくっているの?

アントニオ: いや、プロの写真家になろうとはしていないけど、もちろんたくさんの人に見てもらいたいとは思っているよ。

ソス: 僕の友人の写真家の話をしようか。彼は特に有名ではないし名前はあえて出さないけど、彼は常に写真を撮っていて自分で写真を編集しては本をつくり続けている。1年で8冊はつくるよ。

ソス: それはそれでいいことだよ。なにも問題ない。ただそんなにたくさんの写真があるとどうしてこれを選んだのか、なぜこの写真がこっちよりいいのかって思う。君の作品もそう。

これは来週の「Democratic Jungle」と題したレクチャーで話そうと思ってたことで、どのように写真がDemocratic(民主的)になっていったかという話なんだけど。

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)は知ってるよね。彼は『Democratic Forest』という写真集を作っているけど、彼はある日森の中を歩いていて、突然まわりのものすべてが興味深く見えた。すべてのものは被写体になりえると悟ったんだ。他のたくさんの写真家も影響を受けたし、みんなすごく素敵なことだと思った。なんでも写真に撮れる、天井のライトだって、一見つまらなそうな空き地だって、あれもこれも全部写真になる。

ソス: それからその民主的(democratic)な撮りかたが世の中にあふれかえった。些細で素敵な日常を撮った写真だらけになってしまったんだ。それらをいま撮る意味ってなんだろう?

自分のためだったらいい。世界を新鮮な自分だけの視点から見ることができる。だから写真はすばらしいしたくさんの人の趣味になるんだ。

ただもう一歩先に行くには、それらを撮るだけではなくて、それらを形づける何かが必要になった。少なくとも僕がいいと思える作品には必要なことなんだ。

ソス: 僕がいま写真でストーリーを語る手法をつかっているのも、もうこれ以上素敵なフラグメンツ(断片)は僕は撮れないと思ったからなんだ。

君の写真にはたくさん面白いものが写ってる。ただ全体でそれらがつながってこない。だからさらにその上の何かが必要なんだ。例えばリンコ(川内倫子さん)の作品にはそれがある。彼女自身が作り上げた強いものが。だけど世の中にはそんなにたくさんのリンコは求められていないんだ。

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 1:17 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>