2月 182013
 

放射能を写真に撮ることできますか?

How can we photograph radioactive contamination?

マッチアンドカンパニーから出版された今井智己さんの写真集『Semicircle Law』。

Tomoki Imai Semicircle Law, published by MATCH and company in 2013.

静かで平和な山々。

It looks peaceful quiet mountains.

昔はたしかにそうでした。

It used to be but it’s not anymore.

今井さんは福島第一原子力発電所30km圏内からこれらの風景写真を撮りました。すべての写真は原発の方角を向いて撮影されています。

Imai took all these landscape photographs toward the direction of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. These areas have been contaminated by radioactivity.

海辺に原発が見えます。

写真集にはキュレーターのCharlotte Cotton(シャーロット・コットン)のテキストがおさめられています。

「土壌も大気も深刻に汚染されていながら、これらの風景が原発事故以前となにも変わらないことは痛烈な皮肉である。福島第一原発の建屋がかろうじて見える数点の写真での、この地域の雄大な自然に比して弱々しげに小さく霞む原発の姿には、怒りすら誘われる。」

Nuclear power plant is in the center of the above photograph.

 Curator Charlotte Cotton, who gave texts on this book, says, “It is suca bitter irony that the view onto landscape remains the same as before the disaster while the earth’s physical body and atmosphere is profoundly, sickeningly changed. In the few photographs by Imai Tomoaki where the architecture of FNPP1 (Fukushima Nuclear Power Plant 1) is just visible, the impoverished, blurred tininess of the plant in relation to the grandeur of this regions of the natural world is enraging.”
 Posted by at 10:33 PM
2月 172013
 

I would like to introduce photography magazines in Japan.

This is the first issue of 写真画法(Shashin-Gaho) published in February 2013. The magazine features two photographers at a time and most of the pages are filled with their (probably the latest) works. The editor gets approved by the photographers beforehand who they will confront with.

The editor in chief Okimoto-san bravely launched this new magazine purely dedicated to photography in this digital age.

One of the first two artists is without no doubt, Araki. The other is not Daido Moriyama but Masafumi Sanai(b.1968) who is probably the only candidate in his age (please see these articles for Sanai’s works).

Araki with Polaroid.

Araki

Sanai’s latest works titled “I am shooting”.

Masafumi Sanai

 Posted by at 10:46 AM
2月 162013
 

iTunes UやYouTubeで写真に関するレクチャーや写真ワークショップが見られる時代。

これまでもiTunes Uで視聴できるTodd Hido(トッド・ハイド)のレクチャーや、YouTubeにアップされていたAlec Soth(アレック・ソス)のワークショップの様子を紹介してきましたが、それらは英語で会話されるため内容を100%楽しめないのが難点でした。

しかし、日本語で、無料で、オンラインで受講できるレクチャーがありました。

It was of course impossible for us to watch photography lectures at a college or workshops in another countries.

Internet made this possible. You can access these through iTunes U, YouTube etc.

I have been introduced Todd Hido’s lecture on iTunes U, Alec Soth’s workshop on YouTube. But there is one big problem. Everything is in English. I don’t think they are studying Japanese now and we can listen to their lectures in Japanese in the near future. It really takes time for me to translate the languages.

But I found one good online lecture in Japanese.

AITは「現代アートと視覚文化を考えるための場作りを目的として、2001年に設立したNPO団体」。

アーティストのためのレジデンシー・プログラムやスカラシップ・プログラムの他に、コンテンポラリー・アートの教育プログラムも充実しています。

AIT is a NPO organization found in 2001 to make ‘a new platform for contemporary art’ in Tokyo. They have substantial art lecture programs as well as residential programs for artists.

AITが主宰する「現代アートの学校MAD」は、代官山のAITルームで実際に受講できますが、無料で公開しているオンラインレクチャーもあります。

『art since 1900』という20世紀美術史の本をテキストに、プログラム・ディレクターのロジャー・マクドナルドさんが日本語でレクチャーしてくれます。

写真に関してのチャプターもいくつかありますが、せっかくなので全部見るのがいいですね。

AIT has contemporary art school called MAD(making art different) in real classroom in Daikanyama, Tokyo but they also open online lectures for free of charge, which is ‘designed to meet the needs of those unable to attend inclass courses and living outside of Tokyo.’

Program director Roger McDonald gives lectures in Japanese based on the book art since 1900.

There are few chapters focused on photography scenes but it’s good to see them all.

動画はvimeoで配信されています。

上は「ドイツ人女性写真家たちの登場」。面白そうです。

Female German photographers in 1930s. Sounds interesting.

レクチャーのキャプチャー。

英語のテキストがベースになっているので、ロジャーさんが原文をそのままピックアップし、それを日本語に訳します。これが英語の勉強にもなるので一石二鳥。特にアートの表現に使われる英語は難しい単語が多いのでためになります。

もちろん実際のクラスを聴講するほうが、緊張感や同じ受講生からの刺激がある分、より楽しいとは思いますが、東京で受講するのが難しい人、時間がない人にはとても助かりますね。

Because it’s based on the English text and Roger-san speaks both English and Japanese, it’s good for us to learn English too.

If you could attend the class, you can get stimulated by teachers and other attendees but it’s very useful for those who don’t have time or don’t live close to Tokyo. Great attempt.

 Posted by at 9:16 AM
2月 142013
 

Alfred Stieglitz(アルフレッド・スティーグリッツ)は、自分の内面を表現するために、equivalentと題したシリーズで雲を撮りました。

Alfred Stieglitz started to take clouds in his late fifties.

equivalent, 1926

1926年、スティーグリッツは62歳。

He was 62 years old when he took above photograph.

Rat Hole Galleryから2012年に出版された荒木経惟さんの写真集『センチメンタルな空』。

2012年、荒木さんは72歳。

Here is Araki’s photobook, published by Rat Hole Gallery.

He was 72 years old when he published this book in 2012.

空撮るのは人生経験積んでから。

Don’t photograph clouds until you get old enough.

 Posted by at 9:23 PM
2月 132013
 

松任谷正隆さんの『僕の散財日記』というエッセイに、家に飾るための写真を買ったときのことが書かれていました。

Masataka Matsutoya is an popular musician, producer, most famously the husband of the national singer Yuming. I was reading his essays about shopping and found a piece titled ‘Ansel Adams’s photographs’.

25年前にアンセル・アダムスの写真を見て、いたく感動したものの、以降ほとんどその写真のことについて忘れていた松任谷さん。

He first saw Ansel Adams’s photographs twenty five years ago. He really liked them but had been forgotten for years.

Ansel Adams, Forest Floor, 1950

「写真に興味がなかったわけでもない。興味を示しようにも、それを生かせる場所が、心の中にも実際にもなかったんだと思う。」

“It’s not like I am not interested in photography at all but there’s not been anywhere my interests would apply into.”

ある日、新しい家を建ててトイレのインテリアをどうしようかと考えているときに、飾るにはあれしかないと25年前に見た写真のことを思い出します。

One day when he was thinking about interior of the bathroom for thier new house, he suddenly recalled the photographs he saw twenty five years ago.

松任谷さんにとってトイレはものすごく大事な空間でクリエイティブな場所。「我が家のトイレの環境は言うまでもなく最高である。まず広々としていて、インテリアの感じもルーミーで温かい。」

Like for many others, bathroom is very important and creative space for him. ”Our bathroom is, needless to say, awesome. It’s roomy with warm interior.”

買うと決めたはいいけれど、写真の買い方がわからず、人に聞いても知っている人がいない。しかしインターネットで調べてみたところ、写真家の公式サイトで購入できることが判明。

But he didn’t know how and where to buy photographs. Nobody around him knew either. But searched through internet, he easily found out that they can be purchased on Ansel Adams’s website.

Ansel Adams Online Shop

「ほとんどの写真がコピーで手に入る。しかもものすごくリーズナブルな値段で。これにはまたまた興奮しました。この写真、全部買っちゃおうか、くらいに思った。*1」

“I was thrilled. Many of them were for sale in modern prints with reasonable price. I first thought I would buy them all.”

結果的に23枚の写真と8枚分の額、カレンダーをネット経由で購入します。そして2週間後に無事アメリカから写真が届きました。

He eventually selected twenty three works, eight frames and a calendar. They were delivered to his new house in two weeks as scheduled.

「嬉しかったねえ。クルマでもなく、服でもなく、カメラでも万年筆でも時計でもない。ただの写真がこんなに嬉しいものとは思わなかった。包装を解いていくときのあの感動を皆さんに分けてあげたい、と思う。」

“Very happy. It’s not a car or clothes, neither camera or luxury watch. Never expected just photographs makes me feel this way. I would like to share the feeling when I was gradually opening the box.”

トイレに写真を飾ってみるのもいいですね。

*1 モダン・プリントとヴィンテージプリントについてはこちらに詳しく書いてあります。「アンセル・アダムスの名作の価値 ヴィンテージはモダン・プリントの7.5倍

It’s not still popular enough for we Japanese to hung up something, like painting, photographs etc. on the wall, especially in rented apartment. We are book people rather than print.

 Posted by at 9:39 PM