3月 242013
 

東末照明さんの写真集『さくら・桜・サクラ66』。

1990年ブレーンセンターより出版。

Shomei Tomatsu, Sakura 66, published by Brain Center in 1990.

Shomei Tomatsu 01

「なぜ、桜なのか、と改めて自問する。」ではじまる「まえがき」には、この作品の背景が説明されています。

1930年、昭和6年生まれの東松さんが子供のころは、「桜模様の金ボタンのついた」学生服を着て桜の木の下で遊び、国語の教科書には「サイタ サイタ サクラガ サイタ ススメ ススメ ヘイタイ ススメ」と書いてあった。「桜は軍国日本の国粋主義とドッキングして、甘い死の薫りを漂わせていた」。そんな時代。

さらに、「花は桜、人は武士」という諺をとりあげて、「桜花の散りぎわのいさぎよさと戦国武士の生きざまとを結びつけたものだが、時代がさがって、「敷島の大和心を人間はば、朝日に匂ぶ山桜花」と歌った本居宣長に至って、桜は日本人の心のなかに確固たる位置を占めるようになる。」と昔をトレースしています。

In the Preface of the book, Tomatsu starts, “I ask myself anew, “Why cherry blossom?”

When Tomatsu, born in 1930, was a child, cherry blossom was always besides where he was playing. He wore school uniform with its golden cherry patterned buttons and at that time, Japanese textbook had sentences like this, “Out, out, out has come the cherry blossom. On, on, on, soldier, march on.” Cherry blossom was “embodied with the ultra-nationalism of militaristic Japan to leave a suggestive fragrance of sweet death.”

The photographer also picked up an old proverb, “As the cherry blossom is first among flowers, so is the warrior first among men” and saying, it “brings together the purity of cherry blossom on the verge of falling and how a warrior in a warning nation should live.”

Shomei Tomatsu 02

「こういった歴史的背景を抜きにして、なぜ桜なのか、といったイメージの領域に属する設問に応えるわけにはいかない」と言った後に、「春の京都にあって、虚心の裸の目でもって、植物としての桜を見て思うのは、大和心とは関係なく、ただひたすら美しいということだ」とも書いています。

“It should not be right to reply to this sensitive question of mine “Why cherry blossom?” without describing the history behind it.” says Tomatsu. But he also writes “nevertheless, when I’m in and around Kyoto, my “Japanese spirit” has nothing to do with my unbiased, naked-eye view of the cherry blossom as a plant. It’s simply beautiful.”

Shomei Tomatsu 03

Shomei Tomatsu 12

Shomei Tomatsu 04

Shomei Tomatsu 05

Shomei Tomatsu 06

Shomei Tomatsu 07

Shomei Tomatsu 08

Shomei Tomatsu 11

Shomei Tomatsu 09

Shomei Tomatsu 10

たくさんの方がテキストをよせているのも良いですね。(伊藤俊治さん、アートディレクターの石岡瑛子さん、映画監督の大島渚さん、作家の岡部伊都子さん、詩人の辻井喬さん、文化人類学者の山口昌男さん)

Six individuals including Toshiharu Ito, film director Nagisa Oshima etc. gave their texts on this photobook.

【東松照明さんの本】
さくら・桜・サクラ66 収録点数の多い『さくら・桜・サクラ120』もありますが、上で紹介したのはこちら。
長崎「11:02」1945年8月9日 名作の復刻版。

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 1:07 PM

  One Response to “Shomei Tomatsu / Sakura 66 (1990) 東松照明『さくら・桜・サクラ66』”

  1. Perfect timing thanks!

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>