6月 192013
 

20130619-092235.jpg
写真雑誌「IMA」 vol.4 2013年5月号、特集テーマは「来るべき写真家のために」(『来るべき言葉のために』という有名な写真集ありましたね。)

今号も盛りだくさんな内容ですが、フォトブック・スタディーズも是非チェックしてみてください。

Japanese Photography Magazine IMA vol.4 2013 summer issue is out now. The feature this time is “for young talented photographers.”

It has many nice contents but please do not forget to check Photo Book Studies by Takashi Homma and myself.

As I mentioned, we were inspired from Schaden.com’s photobook studies and started to do ours regularly in this magazine.

20130619-092601.jpg

テーマは「写真家が見た日本」です。
調べてみると、日本に来た著名な写真家たちは、日本を象徴するような被写体、芸者とかフジヤマとか、はあまり撮っていません。それよりも興味をそそるものがあるんですね。

エルスケンは1959年にはじめて日本を訪れました。リー・フリードランダーは桜のシリーズを長年にわたって撮り続けました。ウィリアム・クラインの『Tokyo』有名です。ウィリアム・エグルストンは京都をどう見たのでしょうか。マイケル・ウルフは満員電車に乗る人々を、マーティン・パーはいつもの視点で日本を切り取っています。

今後このブログでも補足のスタディーをしたいと思っています。

We decided to investigate “Japan shot by photographers.”

Ed van der Elsken visited Japan in 1959 for the first time, Lee Friedlander came many times to make the series of work of cherry blossoms. William Klein shot Tokyo, while William Eggleston captured Kyoto. Michael Wolf ironically photographed packed train after he experienced it. Japan through Martin Parr’s eye, you now know how they look like, don’t you?

I would like to introduce some details in this blog for those who cannot get the magazine. Stay Tuned.

この記事もおすすめ

 
 Posted by at 9:54 AM

  2 Responses to “IMA vol.4 2013 Summer Issue”

  1. The issue is gorgeous indeed! Remind me of Déjà vu magazine…

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>