8月 192013
 

Nina Poppe AMA 01

ドイツ人写真家、ニナ・ポッペの写真集『AMA』。ANAではなくてAMAです。伊勢志摩の海女さんをテーマにまとめています。

Nina Poppe‘s photobook, AMA.

What’s AMA?

“Ama are woman who make their living by diving for abalones, large edible sea snails.”

Nina Poppe AMA 02

“Japanese tradition suggests that this practice could be up to two millennia old.”

Nina Poppe AMA 03

ヒトデ、仕事場、周辺も撮影。

“Even today, the Ama dive according to the old ways: without equipment and relying on pure lung power.”

Nina Poppe AMA 04

女の子。

A girl.

Nina Poppe AMA 05

Nina Poppe AMA 06

海女さんの平均年齢は60歳だそうです。

“Average diver is around sixty years old.”

Nina Poppe AMA 07

女の子。

Gilrs.

Nina Poppe AMA 08

Nina Poppe AMA 09

Nina Poppe AMA 10

途中に別の写真集の見開きが掲載されています*1。

In the middle of the book, another photobook’s picture is inserted.*1

Nina Poppe AMA 11

Nina Poppe AMA 12

Nina Poppe AMA 13

女の子オンリー。女性しか登場しない写真集。

There are only women appeared in this book.

Nina Poppe AMA 14

Nina Poppe AMA 15

巻末には参考にした海女さん写真集や資料を掲載。

Some (photo)books related to Ama culture are introduced in the end of the book.

If you want to know more about this book, Mark Feustel review is here.

*1 1962年に出版されたイタリア人写真家Fosco Marainiの写真集『Hekura: The Diving Girl’s Island』より。こちらのサイトで中身見られます。
*1 From the photobook Hekura: The Diving Girl’s Island by an Italian photographer Fosco Maraini published in 1962.

【関連する本】
Nina Poppe 『AMA』 800部限定。テキストは日本語と英語で書かれています。
Fosco Maraini 『Hekura: The Diving Girl’s Island』海女さんが水中を潜っている写真も見られます。60年代初期の記録。

 Posted by at 10:14 PM
8月 182013
 

写真が思うとおりに撮れたことは1度もありません。いつも、思ったより良いか悪いかのどちらかです

ダイアン・アーバス

I have never taken a picture I’ve intended. They’re always better or worse.

Diane Arbus

Child with hand grenade Diane Arbus

Child with Toy Hand Grenade in Central Park, New York City, 1962

 Posted by at 5:03 PM
8月 182013
 

Stages of a photographer

 

オリジナルのソースがどこか分からないのですが、いろいろな写真ブログで紹介されているこのチャート。

写真家が成長していく過程を表しています。

オレンジが知識、グリーンが写真の(客観的な)クオリティ、そしてブルーが自分で思う(主観的な)写真のクオリティ。

カメラや写真の歴史の知識もなく、とりあえず写真を撮り始めたころはブルーのライン(自分が思う自分の写真のクオリティ)がとても高い。勉強をして知識が増えていく(オレンジのラインが上がっていく)とブルーのラインが急激に下がっていく。これくらいの写真なら自分でも撮れると思うことが減って、やっぱり巨匠はすごいな、と思い始める。練習して勉強して順調に客観的にも作品の質が上がってきたところでスランプがおとずれる。

天才と呼ばれる人には当てはまりませんが、参考になる部分もありますね。

I don’t know the original come from but this is a chart that is picked up in many photography blogs and web sites. It’s not a chart for a genius but I agree especially the early stage. I guess many people feel the same way.

 Posted by at 2:40 PM