3月 302011
 

from outnodarkness

NHKの番組、日曜美術館から2009年の第53回ベネチア・ビエンナーレに関する映像です。

ベネチア・ビエンナーレはイタリアのベネチアで2年に1度開催される現代美術の国際美術展覧会で、その年の6月ごろから11月ごろまで約半年間行われます。参加国ごとに、キュレーターが選んだアーティストの作品を展示するのが特徴です。この映像ではアルゼンチンのトマス・サラセーノ (Tomas Saraceno)、ナタリー・ユールベリ (Nathalie Djurberg) 、クシュシトフ・ウディチコ(Krzysztof Wodiczko) 、ブルース・ナウマン (Bruce Nauman) らとあわせて、この年の日本代表、やなぎみわさんの写真作品「Windswept Women」が紹介されています。やなぎみわさんの他の作品はオフィシャルサイトで見ることができます。

今年の6月から行われる第54回目のビエンナーレでは束芋さんが出展しますね。一度は行ってみたいです。

【やなぎみわさんの本】
- やなぎみわ / マイ・グランドマザーズ 東京都写真美術館で行われた展覧会の公式図録。初期の作品「エレベーター・ガール」も収録されています。
【束芋さんの本】
- 束芋 / 断面の世代 Tabaimo 2009年横浜美術館で行われた展覧会「束芋:断面の世代」の図録。