12月 122012
 

「いま佐内さんは「対照」というレーベルを立ち上げて。ご自分で写真をとって製本をして、販売までぜんぶやられているんですね。いま3冊ここにありますけど、この1冊め『浮浪』は、ご本人にいただいた、思い出深いほんとにだいじなものですね。」

Sanai-san(*Masafumi Sanai, a Japanese photographer) just launched his own publishing label called Taisyo, in which he controls not only book design but also binding. Even he is selling books by himself.  I have now this photobook, the first one from the label titled Furou. He gave it to me and this is really a precious book to me.”

(It does not look like a photobbook but the cover is made by acrylic board which Sanai engraved the title on. Sorry that it can’t be seen in above image)

「佐内さんはここのちかくに事務所があって、お店始めてからときどき遊びにきてくださって。店の前で立ち話などよくしていたのですが。2008年だったかな、ちょうどそのころ写真関連の出版がガタっと来だしてて。佐内さんご自身も写真家としての仕事が面白くなくなってきた、と。。」

“Since his studio is close to my bookshop, he sometimes showed up and we talked  each other. I recall it’s around 2008, when the sales of photobook in market falling down. At that time Sanai-san was feeling bored as a photographer.”

「仕事はあるんだけど、その仕事に求められる質がかわってきたと。以前だったら写真家それぞれの写真の特性や、持ち味を各雑誌によって打ち出したりとか、そういう依頼がけっこうあったけど。デジタル化がすすんでこういう雰囲気の写真なら誰でもいいみたいな。なんでもいいというような風潮になってきた、と。」

“He told me that “there are still offers and assignment works but the requirement from the editor and the client had been changed. Client used to let me be as myself and they had much more tolerance with the works but no more. They don’t want unique, cutting edge images and not care about who took the photographs any more.”

「じょじょに保守的になってきたのかもですね。より面白いもの、新しいものを載せようとか、よい本や雑誌を作る、という姿勢が編集者になくなってきて。情報だけ、とりあえずのせとけばいいみたいな。だから面白い仕事みたいなものがどんどん減ってきた、と。」

“Gradually the scene and market getting more and more conservative. Passion and motivation for making better and edgy magazine were losing from editors and publishers. That’s why he started to feel bored.”

「それで佐内さんも「こういう写真集つくろうよ」といっても「売れないから」という理由で出版社も作らなくなってきて。アイドルとかモデルとかの映ってるやつは出されるのだけど、佐内さんのとりたいような写真とか、そういうのはダメだと。それで、出版社もそうだし書店も「売れないものは置けない」って、みんな言い出して。」

“Publishing companies started not to take risks for his new ideas and suggestions for a new book because they knew it won’t sell as much as photobooks of idols or fashion models. It’s the same situation in bookshops. They only placed popular books.”

「それで佐内さんは、保守的でなにもしようとしない状況をみて、「みんな、ダサい。つまんない」と言い出したんですよね、「もっと面白いことをやろうよ」って。それで2008年にご自身で写真集の製作・販売まで手がける「対照」というレーベルを佐内さんが立ち上げたんですね。」

“He said, “that’s not cool at all. Very boring. We should do what we wants to do.” That’s the story behind the launch of his own publishing label in 2008.”

「じつは僕もちょっとその時期お店やってて、だれてきたというか。やっぱり僕自身も古本屋って商売でもあるし、売れるとか売れないとか、とくに古本屋って売れないものがすごく多いんですよね。笑だから売れるもの売れるものばっかりに走っていきがちなんですよ。。」

“I was also feeling kinda bored as a small second hand bookshop owner. I make living with this and we already have tons of non-popular books. That’s why I tend to look for the books that sells well…”

「自分が売りたい!置きたい!というのよりも、売れるものを置いてしまう。ちょうどそういうとこに、自分も陥っていたときで。だから佐内さんが、「対照」レーベルをはじめられたときその姿勢にすごく共感したんですよね。やっぱりそういうふうじゃないとダメだなって、思って。

そう、それが本屋の仕事なんだって思い出して。こういう小さい街の本屋だったらなおさら、ね。」

“There are many books that I like to place in my shop but sadly tend to choose popular ones. I had the same feeling with Sanai-san when I heard he made a place where he can do what he really want to do. I thought that’s what I need too as a small bookshop in town.”

「この写真集のコンセプト、毎回違うんですけど。いつもだいじにしてるのは手作り感なんですね。ひとつひとつ、手描きでタイトル書いたりだとか、あとネジを一個一個入れていくだとか。」

“Each photobook from Taisyo has different concept and book design but it has a feel of him. Handwritten title, binds done by himself.”

「そんなとき佐内さんから。「ここ(Los papelotes)で、写真集の展示販売会をやらせてくれないか」と。」

“Sanai-san one day said to me, “Can I sell my photobooks here as just one day event?”"

「ここ(店内)に台をおいて、佐内さんが直接写真集を買った方にお金をもらって。ファンのひとたちに佐内さん、みずから「ありがとう」って。ほんとにラフな感じでね。そのへんのお兄ちゃんが自分の作ったものをかってもらう、みたいな。笑 その形がすごくシンプルでうつくしいなぁって。」

“We placed a table here and had one day shop for Taisyo label. he handed his
books by himself to the customers. It was really at home event. Simple and beautiful.”

「来てくれたお客さんたちも、ほんとうに喜んでてね。夜12時近くまで大盛況で終わりましたよ。

そしたら「お礼に」って、一冊いただいたんですね。とてもいい写真集だったし、もともと買おうとおもってたからとても嬉しかったなぁ」

“It lasts until midnight and people who came to the event were all happy.
Then he gave one book for me. I was going to buy one copy anyway, so I am very pleased.”

「この「対照」レーベル、第一弾の写真集、写真家・佐内正史さんのリスタートともいえる作品集ですよね。」

“This Furou is the first from his new label.
It’s a new start for him.”

「そう、そのとき佐内さんも原点にもどって、僕も原点にもどった。売れるっていうのも、もちろん大切なんだけれど、お客さんに知ってもらいたい、という本を置こう、というふうに思って、がんばりだした。それ以降は自分も変わったと思いますしね。だからこの本は、僕にとってほんとにだいじな思い出の一冊ですね。」

“I believe not only me but Sanai-san also came back to where we started. We need to think about sales but at the same time, it is very important for us to create what we really want. This is really a memorable book and treasure for me.”

***************************************

これはもともと「古本ざしきわらしが行く」というサイトに公開されていた対談です。古書店を訪ね歩いている、ぴっぽさんと代々木上原の古本屋Los Papelotes(ロスパペロテス)オーナーの野崎さんの会話から野崎さんのパートのみ取り出して構成しています。

This is originally a dialogue by a books shop owner Nozaki-san and  and an editor Pippo-san, posted on this website. I extracted Nozaki-san’s part. The book shop, Los Papelotes, is in Yoyogi-Uehara, Tokyo.

Other Sanai’s works in this blog are found here.

【佐内正史さんの本】
『浮浪』『Dust』『trouble in mind』など、対照レーベルの写真集はこちらのサイトで購入できます。
生きている』青幻舎から1997年出版のデビュー作。

Masafumi Sanai Ikiteiru

 Posted by at 4:03 PM
8月 232012
 

2006年まで発行されていたカルチャー雑誌『relax』。この頃までは写真家のアウトプットをいろいろな雑誌で見ることができましたね。

この号もホンマタカシさん、佐内正史さん、HIROMIXさんの写真が見られます。

夏なのでビキニです。

We had many culture magazines (not photography magazine) in 90s and early 00s in Japan, in which many of photographers can show their works to the wider audiences.

relax is one of them.

It’s summer, so bikini season.

Haruna Suga by Takashi Homma

Minami Otomo by Masafumi Sanai

Hiromix shot Mayu Kitaki

Yuri Tsumuraya

Suiren Higashino

 

 Posted by at 5:10 PM
6月 172012
 

Before

佐内正史さんのデビュー作『生きている』。1997年の写真集。

from Masafumi Sanai Ikiteiru (means alive), published in 1997.

佐内さんはどこへも行きません。

Sanai does not go anywhere.

目の前にあるものを撮ります。

Just shoots whatever in front of him.

グラウンド。

Grounds.

After

約15年後。2011年の写真集『パイロン』より。

Almost 15 years after. From Pylon, published in 2011.

グラウンドからはじまります。

Grounds again.

佐内さんはどこへも行きません。

Sanai does not go anywhere.

目の前にあるものを撮ります。

Just shoots whatever in front of him.

2012年の写真集『ラレー』より。

また15年後くらいにアップデートしたいと思います。

From Rarry, published in 2012.

I will update this article again in another 15 years.

【佐内正史さんの本】
- 生きている 1997年のデビュー作。
- 対照レーベル ここで対照レーベルの写真集を直販しています。あまり書店に流通していないクオリティの高い作品ばかり。

 Posted by at 11:28 AM
5月 122012
 

何を撮るかっていうのは、なんでもよくて、そこに、こう、あったかいな、優しい感じだなとか、綺麗だなって思ったりするけど、あんまり関係ないかな、押すのと、撮ってるものとは。あんまり関係ない。だから、シンプルなんですよね。押すっていうシンプルなことが愛があるし、好き。
佐内正史

It doesn’t matter what I shoot. I feel… just,  it’s warm, beautiful.. but there is no relation in-between. It’s simple act. Pushing button is love. I like it.
Masafumi Sanai

『フォトグラファーの仕事』(平凡社, 2004), p.29


 Posted by at 5:41 PM