6月 142012
 

アメリカ人写真家Danny Lyon(ダニー・ライアン)は1960年代にバイクライダーを撮影しました。

Danny Lyon shot bikeriders in mid 1960s in the States.

ライアンは、Chicago Outlaws Motorcycle Club(シカゴ・アウトロー・モーターサイクル・クラブ)のメンバーになり、仲間とともに旅をしながら、彼らの姿や美学を写真におさめました。

Lyon actually joined Chicago Outlaws Motorcycle Club, traveled together and photographed them and their aesthetics.

それから約30年後、日本では吉永マサユキさんが暴走族を撮影しました。

After 30 years, Masayuki Yoshinaga shot Boso-zoku (Bikeriders) in Japan (Boso means driving dangerously sometimes illigally . Zoku means tribe, family and group in Japanese).

吉永さんは、族のメンバーになって撮影したわけではありませんが、吉永さん自身、若い頃は彼らと同じようにやんちゃな青春時代を過ごしています。(興味がある方は吉永さんの自伝『へたれ』を読んでみてください)

Yoshinaga did not join this group to photograph them but he was also one of the outlaws at their age.

アウトローと信頼関係を築ける写真家だけが撮れる写真ですね。

Photographers need to have understanding and make close relationship with them.

There is now few Boso-zoku in Tokyo but you can still see them in suburbs and country side.

【関連する本】
Danny Lyon: The Bikeriders  オリジナルは1968年出版。2003年に写真を追加して再刊されました。
- 吉永マサユキ『族』 2003年にリトルモアから出版。彼らの持つ美学がつまってます。
- 吉永マサユキ『へたれ』 作り話よりも面白いエピソード満載。青い春。

 Posted by at 4:03 PM