9月 072012
 

川内倫子さんの写真集、『光と影』。

川内さんは東日本大震災から1月後の2011年4月、石巻、女川、気仙沼、陸前高田を訪れました。

Photographers have their own way to approach natural disaster. As I mentioned in previous post, Richard Misrach captured the messages left on the houses, walls and cars after Huricane Katrina. Rinko Kawauchi went to Tohoku area, a month after the earthquake, to shoot aftermath of the 2011 Tōhoku earthquake and tsunami. Not like Misrach, I guess Kawauchi did not have any idea or concept of what she shoots before she arrives, but the artist had the luck to bring in these two birds. One is white, the other is black. It looks like they represent light and shadow.

被災地へ着くまで何をどう撮るべきか決まっていなかったと思いますが、

偶然2匹の鳩に出会います。

白い鳩と黒い鳩。

光と影。

「わたしたちの住む世界の二元性。 白と黒、善と悪、光と影、男と女、始まりと終わり。 始まりと終わりのあいだには、喜びと悲しみ? 反転し繰り返すことが営みとはいえ、世の理にやりきれなさを感じながら撮影を続けました。 しかしまた、破滅のあとには創造していくしかない、と思えば、この景色もすべての始まりのように思えました。」

“Throughout existence there have been, and will be, innumerable occurrences of delight and dread. THough I know it’s unreasonable to question why happiness and sorrow repeat in turn. I couldn’t help considering it while shooting. Creation awaits us after destruction. In this way, I could also feel that the scene in front me was the beginning of everything.”

(Also it’s worth checking out Takashi Homma’s works related to 311.)

 Posted by at 8:51 PM
8月 252012
 

川内倫子さんが手がけたクラムボンのPV。高画質バージョンはこちらから。

Japanese band Clammbon’s PV made by Rinko Kawauchi.

【関連リンク】
- 川内倫子オフィシャルサイト Rinko Kawauchi Official Site
- 川内倫子さんのダイアリー Rinko Diary
- クラムボン オフィシャルサイト Clammbon Official Site

 Posted by at 7:13 PM
5月 132012
 

東京都写真美術館で2012年5月12日から7月16日まで行われている、川内倫子さんの展覧会「照度 あめつち 影を見る」にあわせて刊行されたカタログ。

This book has been published in conjunction with the exhibition, Illuminance, Ametsuchi, Seeing Shadow, at Tokyo Metropolitan Museum of Photography.

写真集の表紙のイメージ、川内倫子さんの代名詞ともいえる、日常の断片をスクエア・フォーマットで切り取るスタイル、ではありませんね。今回の展示・カタログには「Illuminance」シリーズやその他の過去の作品も含まれているのですが、「あめつち」と題された新しいシリーズを見てみたいと思います。

You probably feel the difference from her previous works, neither square format nor fragments from everyday life. In the exhibition and this catalogue, illuminance and other projects in the past were included but I would like to show the latest series, titled Ametsuchi.

「あめつち」は、阿蘇の野焼き、銀鏡神社の夜神楽、イスラエルの「嘆きの壁」、プラネタリウムの4つのサブジェクトから成り立っています。

Ametsuchi, literary means “heaven and earth”, consists of four subjects. Field burnings in Mt Aso, Shiromi Kagura in Miyazaki, Wailing Wall in Israel, and planetariums.

川内さんが、2008年から撮影を開始したという阿蘇の野焼きは、6 x 6 フィルム、35mm フィルム、4 x 5 フィルムといろいろ試した結果、「野焼きの迫力と、阿蘇の土地の広大さに対しては4 x 5じゃないと対峙できない」と大型カメラを選択します。

Kawauchi started to take photographs of field burnings in Aso in 2008 and decided to use view camera (4 x 5 film) after trying 6 x 6 and 35mm. Kawauchi thought that view camera is the right tool to confront the energy of the field burning. Also the photographer “wanted to pay respect for the sacred ritual of the locals”.

「Illuminance」のシリーズでは、撮影した場所が特定できないようなイメージが意図的に選ばれていました。この「あめつち」でも基本的にはそのルールに則っていますが、サブジェクトはより具体的なもの(儀式)です。

上の夜神楽は、「時間を写したかった」ために長時間露光で撮影されています。

Kawauchi had been trying to avoid site-specific images in order to make imaginable room for each readers.  Photographs in Ametsuchi also followed the rule but the subjects in this series have more concrete meanings than the ones in Illuminance. Above image of Shiromi Kagura was shot in a shrine in Miyazaki. Kagura is a ritual of a specific type of Shinto theatrical dance. Kawauchi photographed it in slow shutter speed to preserve time in the image.

イスラエルの「嘆きの壁」。祈り。

Wailing Wall in Israel, Kawauchi also faced the symbolic act with view camera.

プラネタリウム。赤い線は、レーザーポインターの軌跡。

Planetarium image.

“I wanted to investigate the origins of civilization and culture, as well as the ideas of rituals”

展示ではコンタクトシートも見られました。

Contact sheets were also exhibited in the show.

ウェブに公開されている「りんこ日記」。

Rinko Diary 2012.

【川内倫子さんの本】
- 照度 あめつち 影を見る イケムラレイコさん、鶴岡真弓さんとの対談などテキストも充実。
- Illuminance 『うたたね』から10年、5カ国で同時出版されたひとつの区切りとなる作品集。

 Posted by at 2:10 PM