10月 302010
 

2010年10月9日(土)から11月7日(日)まで水戸芸術館現代美術ギャラリーで石元泰博さんの写真展が開催されています。

「君の写真は、アメリカ的でドイツ的、そしてとても日本的だよ」

これは、アメリカの写真家Harry Callahan(ハリー・キャラハン)*1が1960年頃石元さんに言った言葉です*2。石元さんの写真がアメリカ的でドイツ的、また日本的でもあるとはどういうことでしょうか。

石元泰博 《多重露光》 高知県立美術館所蔵

石元さんは1921年にサンフランシスコで生まれ、その後父の故郷である高知県に帰郷し、1939年に再びシカゴへ渡ります。その後10年以上アメリカで暮らしています。つまり「アメリカ的」とは石元さんがそこで青年時代を過ごしたため、と説明がつきそうです。

では「ドイツ的」はどうでしょうか。

シカゴに渡ったのち、石元さんはバウハウスの教育理念を継承した「ニュー・バウハウス」で教育を受けました。バウハウスとは1919年にドイツのワ イマールに創設された国立の工業美術学校で、ヨーロッパ中の美術教育に大きな影響を及ぼしました*3。バウハウスは1933年に閉校しますが、1937 年、シカゴにニューバウハウス*4が設立されます。ハリー・キャラハンは1946年にここの教授に就任しています。石元さんの写真のドイツ的な部分の所以 はここにありました。

石元泰博 《桂》1954 高知県立美術館所蔵

ハリー・キャラハンに言われた言葉に対して、石元さんは当時、「アメリカで暮し、ドイツ的な学校でデザインを学んだのだから、私の写真にはアメリカ とドイツはあるが日本的なものはない」と反発したそうです。しかし何年も経った後、 「どこでどう学ぼうが、日本人である私が真剣に創作する時、日本人の顔がいやでも覗く」ことに気づきます。

「アメリカ的でドイツ的、そしてとても日本的」であるとはこういうことだったのですね。

本展覧会では代表作である、「シカゴ」、「桂離宮」、「伊勢神宮」などから300点の作品が展示されています。
会期は11月7日(日)までです。まだ行かれてない方はお早めに。

*1 Harry Callahan(ハリー・キャラハン):1912年デトロイト出身のアメリカ人写真家。 都市、自然、自身の妻を多重露光やミニマルな構図、極端なハイコンストラストなどの実験的で革新的な手法で撮影した。イメージはどこか叙情的。1946年にニュー・バウハウス(インスティチュート・オブ・デザイン)の教授となる。
*2 『石元泰博+滋子--ふたりのエッセイ』より
*3 バウハウスの教授にはWassily Kandinsky(ヴァシリー・カンディンスキー)、Paul Klee(パウル・クレー)、Laszlo Mohoy-Nagy, (ラースロー・モホイ=ナジ)などビッグネーム揃い。1929年より写真がカリキュラムの中に含まれる。
*4 ニューバウハウスとしては、1937年モホリ=ナジによって開校され翌1938年に閉校。1939年にシカゴのデザインスクール(School of Design)として再出発し1944年よりインスティチュート・オブ・デザイン(Institute of Design)と名前を変更した。現在はイリノイ工科大学(Illinois Institute of Technology)の中に吸収されている。上述のハリー・キャラハンの他Aaron Siskind(アーロン・シスキンド)も教鞭を執った。石元さんが入学したのは1948年。