8月 162013
 

漫画を中心に電子書籍を販売するebookJapanで「荒木経惟写真全集」が買えました。

eBookJapan, which provides massive collection o Japanese Manga and other books on ebook format, now added The Work of Nobuyoshi Araki (1-20).

Araki Yoko 01

早速『陽子』を購入。840円でした。

I bought number 3, titled Yoko.

Araki Yoko 02

「陽子」は言うまでもなく、1990年に亡くなってしまった荒木さん最愛の妻。

Yoko is his beloved wife, who passed away in 1990.

Araki Yoko 03

Araki Yoko 04

Araki Yoko 05

Araki Yoko 06

荒木さんご自身による解説がまた良いんですよね。

Araki’s text is always awesome.

【荒木経惟さん、荒木陽子さんの本】
荒木経惟写真全集 3 陽子』いろいろな写真集から陽子さんの写真ばかりを集めています。荒木さんの愛が溢れる写真集。
愛情生活』陽子さんが夫アラーキーとの生活をつづった名エッセイ。

愛情生活
荒木陽子『愛情生活』

 Posted by at 9:41 AM
2月 142013
 

Alfred Stieglitz(アルフレッド・スティーグリッツ)は、自分の内面を表現するために、equivalentと題したシリーズで雲を撮りました。

Alfred Stieglitz started to take clouds in his late fifties.

equivalent, 1926

1926年、スティーグリッツは62歳。

He was 62 years old when he took above photograph.

Rat Hole Galleryから2012年に出版された荒木経惟さんの写真集『センチメンタルな空』。

2012年、荒木さんは72歳。

Here is Araki’s photobook, published by Rat Hole Gallery.

He was 72 years old when he published this book in 2012.

空撮るのは人生経験積んでから。

Don’t photograph clouds until you get old enough.

 Posted by at 9:23 PM
10月 172012
 

「最低年に10冊は基本だね(笑)。」

“At least I need to make 10 books a year, at least. But I have been very lucky at the same time. Many thankfully invite me to make books.”

「そう、撮ったら本にしなくしゃ写真じゃないんだよ(笑)。写真展なんてのは2、3週間でしょ。やっぱりブツにしないとダメなんですよ。未練派だからねえ、残したいんだよね。」

“If you took photographs, you must make a book. Exhibition? it only lasts few weeks right? I want to make it object. Otherwise I regret.”

「本にするっていうのは、やっぱり時間を見せたいんじゃないかな。」

“I make photobooks maybe because I want to share the time with readers.”

「できれば、広がって欲しいんだよね。本は持ってる人が他人に見せないっていうふうにしちゃダメなんだよ。」

“I wish these photobooks will be spread around. If you own the books, you can’t just keep it to yourself.”

「『東京色情日記』(1985)っていう本をロバート・フランクに贈ったら、フランクが自分のリビング・ルームに置いてくれたんだ。そこにジム・ジャームッシュが遊びに来たわけですよ。

I once sent my photobook to Robert Frank and he displayed in his living room. One day, Jim Jarmusch came to Frank’s home and saw the book.

それを見て興奮しちゃって、映画の仕事で日本に来たときに、私に会いたいって担当の人が連れて来てくれたんだよ。それでジム・ジャームッシュと会ったんだ。

 He really liked it and when he came to Japan for working on a film, he tried to find me even though he didn’t know my name. That’s how we met.

「本の魅力はそういうところにあるんだよね。」

Books have such kinda power.”

【荒木経惟さんの本】
- 荒木本 これだけ厚い写真集ガイドを出せる写真家は荒木さんしかいませんね。

 Posted by at 10:39 AM
9月 102012
 

荒木経惟さんは電通で働いていたころ(1963年から72年まで)、昼休みに銀座をぶらぶらして写真を撮っていました。

Nobuyoshi Araki used to walk around during lunch break and snapped in Ginza when he was working at Dentsu, the biggest advertising company in Japan in 1960s and early 1970s.

スナップ写真ですが、背景が写ってません。

「これはねえ、ナンパしたり拉致したりして撮ったんじゃないんだよ。これはスナップして、それをだね、プリントして、中年女の型だけを切り抜いたのを白い紙に貼って、複写してるの。ともかく、そのころから背景は白、無地だっていうことになってんだよ、アタシの場合。」

These are street snap photographs but as you see, there are no backgrounds.

“I shot them in the street, printed and cut out the portraiture, then pasted on white paper and photographed them again.”

Araki experiments.

【荒木経惟さんの本】
- 完全版 写真ノ話 ここまで自分の作品について語れるのは荒木さんしかいません。この「中年女たち」シリーズについても書いてあります。
-  顔写(荒木経惟写真全集)荒木さんは「ポートレート」ではなく「顔写」と呼びます。

 Posted by at 7:55 PM