6月 032012
 

荒木経惟さんの写真集、『東京は、秋』。

1970年代のはじめ電通を退職した荒木さんが、PENTAX 67と三脚を手に東京を歩き撮影した写真と、荒木さんと妻 陽子さんのリラックスした会話で構成されています。

写真とダイアログをいくつかピックアップしてみましょう。

Early 1970s, Araki quitted the advertising agency he had been working. Having plenty of time, he started to stroll around Tokyo with Pentax 67 and a tripod.

This book consists of the photos taken in early 1970s and dialogue of Araki and his wife Yoko in early 1980s.

We Japanese all know Araki has his own words. He shoots a lot but also very talkative and writes a lot with his unique sense of humor. But in this book, Araki seems very relaxed with his beloved wife, Yoko.

Let me pick up some pages with their dialogue.

夫:これは新宿のゴールデン街。都電の路線があって、ぶつっと切れてる。

妻:今の遊歩道でしょう。大通りのところから入ってきて、車庫みたいになってたんでしょう、結局。

夫:その頃、アッジェとかエバンスに凝ってたろう。要するに街のディテールを撮るのが好きなんだよね。汚いからとか、写真的ドキュメンタリーとか、そういうことは絶対思わないわけ。

Araki: This is Golden-town in Shinjuku. The railroad is cut.

Yoko: It’s now a promenade, isn’t it? Coming from main street, it was almost parking lot after all.

Araki:  I was really into Atget and Walker Evans at that time, right? What I like to photograph is the detail of the town. Never thought that it was photographic documentary.

妻:こういうポリバケツとかがゴロゴロ倒れてるのがディテールになるわけ?

夫:そうそう。壁のシミとか窓のデコボコとか・・・。従来の写真家の基準から言うと、全くダメな記録作家になるわけよね。(略)なんだか、どこだかわからない、そういう撮り方をしてる。どこだかわからなくてもいいわけよ。東京のどっかが出るだろう、それでいいわけ。

Yoko: Would these old buckets on the street be the detail?

Araki: Yes, also stains on the wall, warped windows etc. I am a very bad photographer in terms of recording the town because my photographs don’t tell you about the location. I intentionally shoot like that. But it’s OK to me. If those look like somewhere in Tokyo, that’s fine.

夫:新宿駅南口のこの写真はすごいね。

妻:あそこは必ず撮るんだ。今でもほとんどこの感じだね。(略) 一種の存在感ていうか、街を散歩するときに非常に魅力的な、ノスタルジーをそそるものがあるわけ。

Araki: This photograph of Shinjuku is amazing.

Yoko: It’s around south exit of Shinjuku station. I always shoot there. The place has its presence and nostalgia that attract me every time I walk around.

夫:そんで道曲がって、パッて出会ったときに秋の日をビャーって浴びて魚が都会に泳いでいるわけだ。

妻:アハハハ。それにしても不思議な看板ね。せんぜん魚屋さんて感じじゃないでしょう。

夫:中も魚屋さんなのかね。すごくシュールでね。魚が街の中っていうか、東京を泳いでる。

Araki: I bumped into a fish in the sunny sky in autumn when I turned the corner.

Yoko: Ahahaha. It’s strange advertising display, isn’t it? It doesn’t look like a fish store.

Araki: Right. It’s very surreal. A fish swimming int the sky in Tokyo.

夫:シャッターの向こうに富士山ね。こういうの俺好きなんだ。説明しろったって、どういう風にいえばいいか、わからない。これは俺の富士山の写真。名作だねえ。何が名作だかわかんないだろ。(笑)

妻:わかんない!あなたの思いこみよ。

Araki: Mt Fuji behind the shutter. I like it. Don’t know how to explain it though. This is my photograph of Mt Fuji. Masterpiece. You don’t know why this is a masterpiece, do you?

Yoko: Of course not! Only you think so.

妻:これなんかすごいね。だって車が止まってるだけだよ。

夫:いいだろ。ゴーストタウン見たいで。外国のハイウェイの写真みたいだな。

妻:恐ろしいね。これは夏の陽?

夫:秋だね。小津安二郎に挑戦の、秋日和ですよ。何故秋の日射しがこう好きかっていうとね。秋近くから空気が澄んでくるだろ。遠くまで見えるわけ。それと木が枯れだしてくる。そうすると街が見えてくるわけ。建物の膚は女の膚とおなじでさ。要するに街の木ってのは衣服のようなものなんだよ。それが裸になって街膚を見せてくれる。

Yoko: This is extraordinary. It’s only a photo of parked cars.

Arakki: Right. Like ghost town. It looks like highway in a foreign country.

Yoko: Kind of scary. Was it taken in summer?

Araki: It’s autumn. Challenging with Yasujiro Ozu. The reason why I like the light in autumn is that the air is getting clearer and also leaves start falling off from trees, which makes town more visible. The surface of the buildings is women’s skin. Trees are like clothes of the town. The town takes off the clothes in autumn and show its skin to us.

楽しい会話は続きます。

Dialogue continues…

********************************

妻の陽子さんが1990年に亡くなったあと、この本は1992年に別の出版社からデザインを新たに再刊されます。

After Yoko passed away in 1990, this book reissued in 1992 with different book format.

筑摩書房 1992年刊

そのあとがきで荒木さんはこう書いています。

「こんなふーに写真を話す相手がいなくなってしまった。実は、写真てーのは写すことより写したものを見せて話すほーが楽しいのだ。もー妻はいない。」

Araki wrote at the afterword of this new book…

“I don’ have Yoko  to whom I can talk about photography like this. It’s actually more fun to talk about photos than taking.”

Not only masterpieces in his early years, you can feel Araki’s intimacy and love toward Yoko and photography. And the fact that Yoko passed away in 1990 reinforced the book with strong nostalgia.

【荒木経惟さん+陽子さんの本】
- 東京は、秋 1984年に三省堂から出版
- 東京は、秋 1992年に筑摩書房から出版
- 10年目のセンチメンタルな旅  上の筑摩書房から出版された『東京は、秋』と同じフォーマット。こちらも荒木さんと陽子さんの会話が収録されています。おすすめ。

 Posted by at 2:44 PM
5月 272012
 

ピクチャー(写真)とピクチャー(絵)。

荒木経惟さんは写真に大胆にペインティングしました。

Picture and picture.

Nobuyoshi Araki painted over photographs.

この手書き文字も荒木さん。

Title is hand-written by Araki.

色使いも荒木さん。

Araki color.

この世界観が荒木さん。

Araki world.

ほとんど絵に見えます。

Looks almost painting.

荒木経惟『色情狂』2001年の作品。

Nobuyoshi Araki, Shikijo-kyo, 2001. Limited 1,000 copies. Published by Taka Ishii Gallery.

 

 Posted by at 9:00 PM
4月 262012
 

「What you are is what you eat(食事はその人を表す)」という表現がありますね。

それでは、写真家が撮った食事を見てみましょう。

What you are is what you eat.

Here are some examples.

荒木経惟さんの食事。写真集『食事』より。

Nobuyoshi Araki, from The Banquet,

イギリス人写真家、Martin Parr(マーティン・パー)が撮る「食事」

How about UK?

イギリス人の食事。

Martin Parr, from the series British Food.

佐内正史さんが撮る「食事」。

Masafumi Sanai’s meal.

カレー。

Curry.

ラーメン。

Ramen.

カレー。

Curry.

ラーメン。

Ramen.

写真集『ラレー』より。

From the photobook Rarry.

 Posted by at 5:32 PM
11月 262011
 

Walker Evans(ウォーカー・エヴァンス)は1938年から1941年にかけて、NYの地下鉄で、カメラをジャケットの下に隠して乗客のポートレートを撮影しました。

Walker Evans took portrait pictures, without being noticed by the subjects, on the subway in NW between 1938 and 1941.

New York, 1938-41

日本では1963年から1972年にかけて、荒木経惟さんが東京の地下鉄の車内を撮影しました。

In 1963, Nobuyoshi Araki, started to do the same thing in Tokyo (He did not know Evans’s project at the time). He continued shooting people on the subway until 1971.

ポートレートの他にも、車内の様子や

Not only portrait, but he also caotured the whole,

こんなショットも。

and even this.

こんなアングルや

Angled shot,

満員電車でも。

Even in packed vehicle.

クローズアップ。

Close up.

9年間でいろいろな写真撮りためていた荒木さんですが、この地下鉄シリーズをはじめた後にウォーカー・エヴァンスの作品を知り、写真集へまとめることを見送りました。

He was experimenting using many types of cameras during the period. After he started this series, he came across Evans’s “Many are Called”, which stopped him to make a photo book at that time.

そしてようやく2005年に『Subway Love』として写真集にまとめられました。

This series, titled “Subway Love”, finally published in 2005.

“Subway Love” on Amazon.co.jp

 Posted by at 5:44 PM