8月 162013
 

漫画を中心に電子書籍を販売するebookJapanで「荒木経惟写真全集」が買えました。

eBookJapan, which provides massive collection o Japanese Manga and other books on ebook format, now added The Work of Nobuyoshi Araki (1-20).

Araki Yoko 01

早速『陽子』を購入。840円でした。

I bought number 3, titled Yoko.

Araki Yoko 02

「陽子」は言うまでもなく、1990年に亡くなってしまった荒木さん最愛の妻。

Yoko is his beloved wife, who passed away in 1990.

Araki Yoko 03

Araki Yoko 04

Araki Yoko 05

Araki Yoko 06

荒木さんご自身による解説がまた良いんですよね。

Araki’s text is always awesome.

【荒木経惟さん、荒木陽子さんの本】
荒木経惟写真全集 3 陽子』いろいろな写真集から陽子さんの写真ばかりを集めています。荒木さんの愛が溢れる写真集。
愛情生活』陽子さんが夫アラーキーとの生活をつづった名エッセイ。

愛情生活
荒木陽子『愛情生活』

 Posted by at 9:41 AM
8月 152013
 

Martin Parr Japan 01

マグナムに所属するイギリス人写真家、マーティン・パーの写真集『Japan』。

Martin Parr’s photobook, Japan, published by super labo in 2011.

Martin Parr Japan 02

こういう視点です。

He sees Japan this way.

Martin Parr Japan 03

こういうの探します。

He look for the moment like this.

Martin Parr Japan 04

キューピーとおばさんの唇。

Dolls and lady’s lips.

Martin Parr Japan 05

おじさんの頭。

Man’s head.

Martin Parr Japan 06

サラリーマン・フィーチャリング・スポーツ新聞。

Business man (we call them ‘salary man’) with tabloid paper. Perfect combination.

Martin Parr Japan 07

キッズ&ミート。

Junk food.

Ume Kayo Umeme 01

こちらは、梅佳代さんの写真集、『うめめ』。

Here is another book by Japanese female photographer, Ume Kayo (b.1981), titled Ume-me published in 2006. She got Kimura Ihei Award, one of the most popular photographic award in Japan, by this work. She even held an exhibition in Tokyo Opera City Art Gallery in 2013 (please see the installation view here).

Ume Kayo Umeme 02

やっぱりサラリーマンは絵になります。

Salary man always gives shutter chance.

Ume Kayo Umeme 03

おばさんもしかり。

Madam too.

Ume Kayo Umeme 04

浅草でこれを撮ります。

She took this in touristic place, Asakusa.

Ume Kayo Umeme 05

肉屋さん。

Butcher shop.

Ume Kayo Umeme 06

事件は電車で起こります。

Subway photograph.

【関連する本】
- Martin Parr『Japan』鎌倉を拠点とするインディペンデント・パブリッシャーsuper laboより。
- Martin Parr『Last Resort』イギリス郊外のビーチを正直に撮影した代表作。
- 梅佳代『うめめ』第32回木村伊兵衛写真賞を受賞した写真集。

 Posted by at 10:45 AM
6月 192013
 

20130619-092235.jpg
写真雑誌「IMA」 vol.4 2013年5月号、特集テーマは「来るべき写真家のために」(『来るべき言葉のために』という有名な写真集ありましたね。)

今号も盛りだくさんな内容ですが、フォトブック・スタディーズも是非チェックしてみてください。

Japanese Photography Magazine IMA vol.4 2013 summer issue is out now. The feature this time is “for young talented photographers.”

It has many nice contents but please do not forget to check Photo Book Studies by Takashi Homma and myself.

As I mentioned, we were inspired from Schaden.com’s photobook studies and started to do ours regularly in this magazine.

20130619-092601.jpg

テーマは「写真家が見た日本」です。
調べてみると、日本に来た著名な写真家たちは、日本を象徴するような被写体、芸者とかフジヤマとか、はあまり撮っていません。それよりも興味をそそるものがあるんですね。

エルスケンは1959年にはじめて日本を訪れました。リー・フリードランダーは桜のシリーズを長年にわたって撮り続けました。ウィリアム・クラインの『Tokyo』有名です。ウィリアム・エグルストンは京都をどう見たのでしょうか。マイケル・ウルフは満員電車に乗る人々を、マーティン・パーはいつもの視点で日本を切り取っています。

今後このブログでも補足のスタディーをしたいと思っています。

We decided to investigate “Japan shot by photographers.”

Ed van der Elsken visited Japan in 1959 for the first time, Lee Friedlander came many times to make the series of work of cherry blossoms. William Klein shot Tokyo, while William Eggleston captured Kyoto. Michael Wolf ironically photographed packed train after he experienced it. Japan through Martin Parr’s eye, you now know how they look like, don’t you?

I would like to introduce some details in this blog for those who cannot get the magazine. Stay Tuned.

 Posted by at 9:54 AM
3月 242013
 

東末照明さんの写真集『さくら・桜・サクラ66』。

1990年ブレーンセンターより出版。

Shomei Tomatsu, Sakura 66, published by Brain Center in 1990.

Shomei Tomatsu 01

「なぜ、桜なのか、と改めて自問する。」ではじまる「まえがき」には、この作品の背景が説明されています。

1930年、昭和6年生まれの東松さんが子供のころは、「桜模様の金ボタンのついた」学生服を着て桜の木の下で遊び、国語の教科書には「サイタ サイタ サクラガ サイタ ススメ ススメ ヘイタイ ススメ」と書いてあった。「桜は軍国日本の国粋主義とドッキングして、甘い死の薫りを漂わせていた」。そんな時代。

さらに、「花は桜、人は武士」という諺をとりあげて、「桜花の散りぎわのいさぎよさと戦国武士の生きざまとを結びつけたものだが、時代がさがって、「敷島の大和心を人間はば、朝日に匂ぶ山桜花」と歌った本居宣長に至って、桜は日本人の心のなかに確固たる位置を占めるようになる。」と昔をトレースしています。

In the Preface of the book, Tomatsu starts, “I ask myself anew, “Why cherry blossom?”

When Tomatsu, born in 1930, was a child, cherry blossom was always besides where he was playing. He wore school uniform with its golden cherry patterned buttons and at that time, Japanese textbook had sentences like this, “Out, out, out has come the cherry blossom. On, on, on, soldier, march on.” Cherry blossom was “embodied with the ultra-nationalism of militaristic Japan to leave a suggestive fragrance of sweet death.”

The photographer also picked up an old proverb, “As the cherry blossom is first among flowers, so is the warrior first among men” and saying, it “brings together the purity of cherry blossom on the verge of falling and how a warrior in a warning nation should live.”

Shomei Tomatsu 02

「こういった歴史的背景を抜きにして、なぜ桜なのか、といったイメージの領域に属する設問に応えるわけにはいかない」と言った後に、「春の京都にあって、虚心の裸の目でもって、植物としての桜を見て思うのは、大和心とは関係なく、ただひたすら美しいということだ」とも書いています。

“It should not be right to reply to this sensitive question of mine “Why cherry blossom?” without describing the history behind it.” says Tomatsu. But he also writes “nevertheless, when I’m in and around Kyoto, my “Japanese spirit” has nothing to do with my unbiased, naked-eye view of the cherry blossom as a plant. It’s simply beautiful.”

Shomei Tomatsu 03

Shomei Tomatsu 12

Shomei Tomatsu 04

Shomei Tomatsu 05

Shomei Tomatsu 06

Shomei Tomatsu 07

Shomei Tomatsu 08

Shomei Tomatsu 11

Shomei Tomatsu 09

Shomei Tomatsu 10

たくさんの方がテキストをよせているのも良いですね。(伊藤俊治さん、アートディレクターの石岡瑛子さん、映画監督の大島渚さん、作家の岡部伊都子さん、詩人の辻井喬さん、文化人類学者の山口昌男さん)

Six individuals including Toshiharu Ito, film director Nagisa Oshima etc. gave their texts on this photobook.

【東松照明さんの本】
さくら・桜・サクラ66 収録点数の多い『さくら・桜・サクラ120』もありますが、上で紹介したのはこちら。
長崎「11:02」1945年8月9日 名作の復刻版。

 Posted by at 1:07 PM