5月 072012
 

Before

アメリカ人の写真家Joel Meyerowitz(ジョエル・マイロウィッツ)は、アートディレクター時代、Robert Frank(ロバート・フランク)の撮影現場を体験したことで強くインスパイアされ、1960年代に写真を本格的にはじめました。

Joel Meyerowitz started his career as a photographer in 1960s.

コンパクトカメラを持って街へ繰り出しました。

Inspired by Robert Frank, he used 35mm compact camera and went out to the street.

スナップ写真を撮るときの、スポーツのような、ハンターのような感覚が好きでした。

Shooting in town was like sport and hunt. He liked that.

モノクロでもカラーでも、とにかくスナップ。

Both monochrome and color.

スナップ写真の名人、Gerry Winogrand(ゲリー・ウィノグランド)がメンターでした。

His mentor was Gerry Winogrand.

After

そんな、スナップ大好きなマイロウィッツですが、1970年代後半に大判カメラを使いはじめました。

But he acquired another instrument in 1970s, view camera.

街中ではありません。

Not street.

事件もありません。

Not incident.

「(スナップ写真とは)別の表現方法を獲得したんだ」そうです。

あんなにスナップが好きだったのに、まったく違うスタイルでも撮れる。器用ですね。

写真集『Cape Light』より。

【Joel Meyerowitzの本(まずはこの1冊)】
- Cape Light 上の大判カメラで撮られた写真はこの写真集からの抜粋。マスターピースでしかも入手しやすい一冊。おすすめ。

 Posted by at 5:44 PM