5月 122012
 

写真家の若木信吾さんが、地元の静岡県浜松市にオープンした本屋が発行する『BOOKS AND PRINTS JOURNAL』。

BOOKS AND PRINTS JOURNAL is periodical from the bookshop that photographer Shingo Wakagi owns in his hometown, Hamamatsu Shizuoka.

地元で作品をつくる写真家もいます、地元を拠点に活動する写真家もいます。

Some photographers make works in their hometown, some just live there.

若木さんは地元に写真集やプリントを売る本屋をつくりました。

Wakagi lives in Tokyo but opened a bookshop in his hometown.

アレック・ソスも地元写真家。故郷のミネソタにスタジオをかまえます。誌面上では、そんな2人の写真家がスカイプで対談。

Alec Soth lives in his hometown, Minneapolis Minnesota. Soth and Wakagi talked about their thought about hometown over the skype.

ソス「ぼくの場合は大きな街に暮らす必要を特に感じていないんだ。収入は主にプリントを販売することで得ている。実際、ギャラリーの大半はNYにあるんだけれど、今はPCもあるし、こうしてスカイプで話すこともできる」

Soth: I don’t have to live in big city like NY. I make living mainly by selling prints. Most of the galleries are in NY but we have PC and can talk over skype like this

若木「たしかにぼくの本屋は故郷の浜松にあるんだけど、ぼくは雑誌や広告の仕事もしているからね。やっぱり故郷は東京にしておかないといろいろ不都合が多いんだ。」

Wakagi: My bookshop is in my hometown, Hamamatsu, but I need to be in Tokyo because I do magazine and commercial work too.

若木さんは、仕事をするには東京にいる必要があるけど、地元に何か還元したい、そういう思いがあるんですね。

日本人の活躍されている写真家で、地方で制作をしている方はあまりいません。この冊子を読んで、写真家と地元、写真家と地方について考えはじめました。

つづく。

Wakagi needs to stay in Tokyo but he wanted to give something back to his hometown.

It is true that most of the top photographers in Japan live and work in Tokyo. This brochure made me start to think about photographer and hometown, also photographer in countryside.

 Posted by at 2:05 PM