3月 312011
 

Ryan McGinley (ライアン・マッギンリー)の展覧会の展示風景が見られるページへのリンクをリストしました。

Team GalleryはNY、Ratio3はサンフランシスコのギャラリーです。

「Life Adjustment Center」(2010) @Ratio3
「Everybody Knows This Is Nowhere」(2010) @Team Gallery
「Spring and by Summer Fall」(2008) @Ratio3
「I Know Where Summer Goes」(2008) @ Team Gallery
「Irregular Regulars」(2007) @Team Gallery
「Frieze」(2006) @Team Gallery

【関連記事】
- Sigur Ros “Gobbledigook” Inspired by Ryan McGinley (2008)
- Ryan McGinley “Everybody Knows This Is Nowhere” Installation and Gallery Opening (2010)

- Ryan McGinley “Life Adjustment Center” (2010)
- Ryan McGinley “Everybody Knows This Is Nowhere” (2010)

2月 142011
 

from claudiuflorea

アイスランドのバンドSigur Ros (シガー・ロス) が、Ryan McGinley (ライアン・マッギンリー) の作品『I Know Where The Summer Goes』にインスパイアされて作ったPVです(ライアン自身も製作に関与しています)。このシリーズは、2008年NYのTeam Galleryでの展覧会で発表されました。PVはまさにこの世界を再現しているのですが、映像だと写真とは違った印象をうけるところが興味深いです。

【Sigur Rosの音楽】
- Sigur Ros / Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust このジャケットもRyan McGinleyの写真ですね。1曲目にGobbledigookが収録されてます。アイスランドの澄んだ空気の静かな森のイメージ。

2月 112011
 

Ryan McGinley (ライアン・マッギンリー) がNYのTeam Galleryで行った展覧会「Everybody Knows This Is Nowhere」の展示作業とオープニングの様子を早回しした動画。オープニング、ぎっしりですね。

【Ryan Mcginleyの本・関連する音楽】
- Ryan McGinley / Everybody Knows This Is Nowhere NYのインディペンデント・パブリッシャー、Dashwood Booksから出版されてます。
- Neil Young / Everybody Knows This Is Nowhere Neil Youngの同名タイトルのアルバム。

2月 082011
 

from dashwoodbooks1

Ryan McGinley (ライアン・マッギンリー) の新作写真集『Life Adjustment Center』のレビュー動画です。サンフランシスコのギャラリーRatio3での個展にあわせて出版された本作、前作『Everybody Knows This is Nowhere』からの流れを汲むモノクロヌードと、カラー写真の両方が収録されています。彼の写真集はすぐに売り切れしまうので買いそびれてしまった方は要チェックですね。こちらもNYのインディペンデント出版社Dashwood Booksから。

【Ryan McGinleyの本】
- Ryan McGinley / Life Adjustment center サイズは結構コンパクトです。
- Ryan McGinley / Moonmilk Ryan McGinleyが洞窟で撮影した作品集、イギリスのMorel Booksから。

Dashwood Book’s second Ryan McGinley publication “Life Adjustment Center” an exhibition opening October 29, 2010 at Ratio3 in San Francisco. Two themes are presented in this book, firstly a collection of b&w studio nudes many with wild animals, an extension of the studio series “Everybody Knows This is Nowhere”. The second features one of McGinley’s core elements as a photographer, “capturing his subjects in dreamlike compositions, rich in motion and color, during recent adventures on the road”. The book is bound in a blue cloth with red text on cover and spine and a red stain to the page edges.

2月 052011
 

from dashwoodbooks1

Ryan McGinley (ライアン・マッギンリー)の写真集『Everybody Knows This Is Nowhere』のレビュー動画です。これまでのアウトドアで撮られたカラー写真シリーズから一転、本作はモノクロのスタジオポートレート。NYのインディペンデント出版社Dashwood Booksから出版です。2000部限定。

ちなみに、1969年に、カナダ人のシンガーソングライターNeil Young (ニール・ヤング) が同名タイトルの曲(及びアルバム)を発表していますので聴いてみましょう。

from AAAmitD

【Neil Youngの音楽】
- Neil Young / Everybody Knows This Is Nowhere 言わずと知れた名盤です。

【Ryan McGinleyの本】
- Ryan McGinley / Everybody Knows This Is Nowhere これもすでに手に入りにくいですね。

NY based independent publisher Dashwood Books uploaded this video on YouTube. Everybody who missed to get this book or had no chance to take a glance, this is the one for you. As mentioned in the words from the publisher below, the books features a converssation between Mcginley and Catherine Opie.

Ryan McGinley brings the same sense of intimacy and boundless energy to this series of b&w studio nudes of sublime youth that has marked his previous work. No one is working today with quite the same freedom and confidence as McGinley, who has evolved into the most important photographer of his generation with a wholly contemporary vision and unwavering energy.Everybody Knows This is Nowhere is his most ambitious book to date, a beautifully produced volume, luxuriously printed in tritone with a folded poster wrap. It accompanies an exhibition at Team Gallery opening March 18th, 2010 and features a conversation between McGinley and Catherine Opie.